お盆のマナー

■ 盆とは・お盆とは
盆・お盆とは祖先の霊を供養する行事です。お盆の期間・時期には祖先の霊が子孫の元に帰って来るとされ、盆の入りには迎え火を焚き祖先の霊をお迎えし、盆明けには送り火を焚いて送ります。このページでは盆・お盆について、準備(提灯、飾り、お供え)および、墓参りなどについてご説明いたします。
………このページの内容………
▼1. 盆・お盆とは
▼2. お盆の期間・時期
 ・盆の入り、盆の明け
▼3. お盆のさまざまなしきたり
 ・お盆の飾り(精霊棚、盆提灯)、迎え火と送り火、盆供
▼4. お盆の迎え火・送り火
 ・迎え火を焚く時間、やりかた、送り火を焚く時間、やりかた
▼5. お墓参り
▼6. お盆の服装
▽ 参考情報 卒塔婆と経木塔婆について

1.盆・お盆とは?

▼祖先の霊を祀る(まつる)
 お盆とは祖先の霊を祀る(まつる)ために7月15日頃に行われる行事です。お盆は仏教行事のひとつと位置付けられていますが、仏教の盂蘭盆(うらぼん)・盂蘭盆会(うらぼんえ)の行事に、祖先の霊を祀る(まつる)信仰が次第に混ざっていったものという考え方もあるようです。
 初盆には四十九日、一周忌、三回忌などの法事法要とは別 に、法要として供養の儀式が営まれますが、初盆以外のお盆には、遺族だけで、祖先の霊と一緒に供養をするのが一般的です。

▼祖先の霊が帰ってくる
 現代では、一般的に「お盆とは、年に一度祖先の霊が私たちのもとに帰ってくる期間」とされ、迎え火を焚いて祖先が迷わず当家に来られるようにしてお迎えし、戻ってきた祖先の霊の供養をします。やがてお盆の期間が過ぎると送り火を焚いてお送りします。この風習がお盆の風習として定着しています。

▼盆休み・お盆休み
 企業などもお盆の期間(旧暦の7月15日頃、現在の8月15日前後)を夏期休暇としていますが、これは、江戸時代に小正月(1月15日)とお盆(7月15日)の2つの時期を商家が「薮入り」(やぶいり)とし、奉行人たちに実家に帰る休みの日としていたものが、盆休みとして定着してきたものです。
  ぜひ、家族揃って祖先の霊をお迎えする機会として受け継いでいきたいものです。

スポンサードリンク

2.お盆の期間・時期

▼お盆の時期は旧暦の7月15日頃
 お盆の時期は、旧暦7月15日頃を中心とした以下の期間とされています。
旧暦の7月15日頃というのは、現在の新暦では8月15日前後にあたりますが、東京や横浜市の一部等では、新暦となった今でも7月15日頃にお盆の行事を行います。

▼盆の入り(お盆の入り)・盆の明け
  お盆の期間は下記の4日間(13、14、15、16日の4日間)で13日を盆の入り(盆入り、迎え盆)と呼び、16日を盆の明け(盆明け、送り盆)と言います。

お盆の期間・お盆の時期(いつから・いつまで)
※お盆の行事は一般的に7月15日頃または8月15日頃に行なわれます
日程 13日 14〜15日 16日
呼び方 盆の入り・お盆の入り・盆入り・迎え盆   盆の明け・
盆明け・
送り盆
主な行事 迎え火
死者を家に迎えます。 精霊棚を飾ります
(精霊棚は12日から飾る地域もあります)。

お墓の掃除とお墓参りをします。
(お墓参りの時に、お墓で提灯に火を灯し、先祖の霊を家まで案内する地域もあります)
お盆の法要、供養の儀式などをします。


※初盆・新盆に行う法要については、 初盆・新盆のページで詳しく説明します>>>
送り火
死者を送ります。
[お盆に行われること]
・お墓の掃除
・お墓参り。
・精霊棚(しょうりょうだな)・盆棚(ぼんだな)を飾る。
・盆提灯を飾る。
・僧侶を呼び供養の法要を行なう。特に初盆・新盆の場合
・盆会墓前読経(お寺によって異なる)
上記の他、お盆には地方によってさまざまな風習があります。
例えば、「精霊流し」を行なう地域や「灯篭流し」を行なう地域もあります。

3.お盆のさまざまなしきたり

▼お盆独自の飾り、精霊棚
 お盆には、独特の飾り付けがあります。主なものに精霊棚と(=しょうりょうたな。盆棚とも言います)盆提灯などがあります。
 なお、浄土真宗ではこうした飾り付けやお供え物などをお盆に特に行うことはありません。

▼迎え火と送り火
 お盆の入りには祖先の霊(精霊・精霊様=おしょうらいさま)が迷わずに帰って来られるように明るく照らすという意味で迎え火を焚きます。またお盆明けには、祖先の霊を送り出すために送り火を焚きます。

▼盆供
 お盆のお供え物、供物のことを「盆供」(読み方=ぼんく)と言います。また、お盆に行う供養のことも盆供と呼びます。

お盆のさまざまなしきたり
※お盆のしきたりは、地方によっても宗派によっても異なります。
名称 解説 補足説明
精霊棚(しょうりょうだな)・盆棚
  精霊棚 精霊棚とは、お盆のみに用いられる祭壇のようなものです。 ●お盆の間は位牌を仏壇から取り出し、仏壇の扉は閉めて、その前に飾り付けをします。
盆花 盆花とは、精霊棚の綱に逆さに吊るす花のことをさします。 ●盆花を綱に吊るすことなく、花立てに盆花を飾るだけの地域もあります。

●逆さに吊るす代表的な盆花には、ほおずき、ガマの穂、枝豆などがあります。
きゅうりの馬
なすの牛
手作りの馬と牛を位牌の前に飾ります。 ●キュウリの馬は、馬に乗って少しでも早くおこし下さいと言う気持ちを、 ナスの牛は、滞在後は牛に乗ってなるべくゆっくりお帰り下さいという気持ちを表わしているとされます。
盆提灯
  白提灯・盆提灯 盆提灯とは、お盆のみに用いる飾りです。
先祖の霊が迷わすに戻って来られるように照らす役割をすると言われています。
●盆提灯には初盆・新盆用の白提灯と、翌年目以降も使うカラフルな盆提灯の2つのタイプがあります。
迎え火と送り火
  ※このページの次の項で説明します(迎え火送り火)>>>
お盆の法要・盆供
  ※初盆・新盆の場合には、故人の友人知人を招き、初盆の法要を行います。
僧侶による読経と焼香で供養をし、集まった知人友人とともに会食をしで故人を偲びます。
初盆・新盆以外のお盆は、遺族だけで供養をするケースがほとんどです。
お盆の法要については、初盆・新盆のページで説明します(初盆・新盆)>>>
お盆のさまざまなしきたり (つづき)
名称 解説 補足説明
盆供
  お迎え団子 盆の入り・お盆の入りの13日にお供えする団子です。
宗派や地方によっては前日の12日からお供えすることもあります。
●盆供(お盆のお供えもの)は日替わりで用意される風習があり、もともとは盆の入りの日(13日)にお供えするものが「お迎え団子」でしたが、現在ではお盆の期間中、同じものをお供えすることもあるようです。

●お迎え団子の種類もさまざまです。
お迎え団子の名称で販売されているものには、あんこをまぶした団子、甘辛いたれをのせた団子、シンプルな白い団子などがあります。
おちつき団子
お供え餅
お供え団子
精霊様(おしょうらいさま)が滞在中の14〜15日にお供えするお供物です。 ●盆の入りの「お迎え団子」、「盆明けの「送り団子」という名称に対し、精霊様の滞在中にお供えするものを「おちつき団子(落ち着き団子、落着き団子)」と呼ぶことがあります。

●おちつき団子という名称で販売されている代表的なものには、おはぎおよびがあります。
(注/おちつき団子という名称は、地方によっては使われないエリアがあります)

●京都ではお盆にお供えする白餅を「おけそく」「おけそくさん」と呼ぶようです。仏様へのお供え物を盛る器「華足(=けそく)」からきているようです。

●お供え団子という名称で販売されている代表的なものは、白いシンプルなお団子です。ピラミッドの形に積み上げられたものをお供えすることもあります。
送り団子 盆の明けの16日にお供えする団子です。
宗派や地方によっては前日の15日からお供えすることもあります。
●送り団子の名称で販売されているものには、シンプルな白い団子などがあります。

スポンサードリンク

4.お盆の迎え火・送り火

▼迎え火・送り火
 迎え火は8月13日(または7月13日)に、火を焚いて祖先の霊を迎えるものです。先祖の霊が迷わないように灯すと言われています。送り火は8月16日(または7月16日)に祖先の霊を送るための儀式です。

▼送り火と精霊流し
 長崎市のお盆の行事である精霊流しは、送り火の形の一つと言われています。精霊船は初盆の家のみが作るのだそうです。
 「五山送り火」もお盆のお精霊さま(おしょうらいさま)のお送りの行事のひとつです。大文字の送り火と呼ばれることもあります。

お盆の迎え火・送り火
※お盆のしきたりは、地方によっても宗派によっても異なります。
項目 解説 補足説明
迎え火
  ●迎え火はいつ焚くの? ●8月13日(または7月13日)の夕方に ●盆の入り・お盆の入りの日に、火を焚いてお迎えします。祖先の霊が迷わずにこの火を目印にして戻って来てくれるようにというものです。
●迎え火の材料は? ●おがら、麦藁など

※おがら=皮を剥いだ麻の茎。「苧殼」
●市販されているものは、おがらや薪などと素焼きの皿、焙烙(=ほうろく、ほうらく。素焼きの平たい土鍋)がセットになっているもの等があります。セット品は仏具店や、一部のホームセンターなどで扱っています。おがらは花屋などでも販売されるようです。
●迎え火のやりかた
●迎え火のしかた
●もともとは迎え火の火はお墓で灯していました。13日にお墓参りをし、お墓の前で迎え火の火を灯して提灯に入れて家まで持って帰ってきます。その火を仏壇の蝋燭(ろうそく)に移していました。

●現代ではお墓が遠いため提灯に入れて迎え火を連れて来ることが難しい場合も多くなっています。そうした場合には、13日の夕方に、門口や玄関前などの危なくない場所で迎え火を焚きます。その際に、精霊馬があれば近くに置きます。
 仏壇の蝋燭から火種をおがらなどに移す方もいらっしゃるようです。
●地方により、また宗派によってさまざまなやり方があります。焙烙の上でおがらを燃やす迎え火の他に、たき火のように燃やすものや、篝火(かがり火)のように燃やすものもあります。


●初盆・新盆の場合には、霊が迷わずに戻って来られるように白提灯も灯す風習があります。特にマンションなどの場合、迎え火を焚くのが難しいため、迎え火の代わりに白提灯を用いることも多いようです。
 安全上の理由から提灯に入れるロウソクの代わりに電池灯を用いることもあります。
 白提灯については初盆・新盆のページで詳しく説明します>>>
項目 解説 補足説明
送り火
  ●送り火はいつ焚くの? ●8月16日(または7月16日)に。但し、地域によっては15日に行います。
火を焚く時間は、午後〜、夕方〜、夜になってからとさまざまです。
●お盆明けの日に、火を焚いて先祖の霊をお送りします。帰り道に迷わずあの世にもどれるようにというものです。

●例えば京都五山の送り火は、文字どおり送り火のひとつで8月16日に行われます。午後8時頃点火されます。
●送り火のやりかた
●送り火のしかた
●門口や玄関前などの危なくない場所で送り火を焚きます。
 仏壇の蝋燭から火種をおがらなどに移す方もいらっしゃるようです。
 やり方、材料は迎え火と同じです。
●役目を終えた白提灯も送り火で燃やします。盆棚も燃やす地域があります。
 マンションなどでは送り火で白提灯を燃やすのが難しくなっていますが、菩提寺に持参して供養してもらうこともできます。

5.お墓参り

▼お盆とお墓参り
お盆やお彼岸には先祖を供養したりお墓参りをしたりしますね。昔は先祖のお墓と自分たちの住む家がすぐ近くにあったため、お盆の墓参りは盆入りの日に行われ、「お墓参りの際に迎え火の種火を点火して白提灯に入れて祖先の霊を連れて帰ってくる」という風習がありました。
 現在では企業のお盆休みは8月15日を中心としたお盆の期間を夏期休暇としているところが多いのですが、なかなか13日にお墓参りをするのが難しいという方も、ぜひお盆期間中に一度はお墓参りをしたいものです。

お墓参りのしかた(仏教の場合)
A  準備するもの
1.掃除用具
お墓、墓石および周辺を掃除するための道具です。
墓地や霊園に備え付けられている場合もあります。

軍手 ・お墓の周辺の雑草を取る時に使います。
・墓地の場所によっては、草刈りガマや、スコップが必要なこともあります。
バケツ ・雑巾やたわしなどを洗浄する際に用います。
雑巾 ・墓石を拭き清めます。
たわし

(スポンジ、
歯ブラシ)
・墓石についたコケなどを落とします。金属製たわしはNGです。

・ 墓石の 材質によってはタワシを使うと表面を傷つけてしまうこともあり、スポンジや歯ブラシの方が適していることもあります。
ほうき ・お墓の周辺を掃き清めます
ちりとり ・ホウキで掃いた落ち葉、ゴミなどを集めるのに用います
ゴミ袋 ・ゴミや、引き抜いた雑草を持ち帰ります。
・墓地や霊園によってはゴミ捨ての場所が設けられているところもあります。ゴミ捨ての場所がない墓地や墓園でお花を取り替えた場合には、古いお花を持ち帰ることもあります。
2.お参りや供養の際の持ち物
供養のための道具です。
手桶などは、墓地や霊園で借りられる場合もあります。

白提灯・盆提灯 ・初盆の場合、お墓の前でロウソクに火を灯し、自宅まで運びます。
(お墓が遠くにある場合には行われません。また、地域や宗派によってしきたりが異なります)
手桶 ・墓石にかける水を入れて運びます。
柄杓 (ひしゃく) ・手桶の水を墓石にかけるときに用います。
線香 ・墓前に供えます。
ロウソク ・ろうそくはお線香の点火に使います。また、盆提灯に入れて迎え火を持ち帰る時にも用いることがあります。
マッチなど ・ろうそくの点火に使います。
お供え物 ・お花、お水、お菓子など。
お花の茎を切るハサミや、お供えを置くための半紙なども持参すると良いでしょう。
3.お墓参りの服装
初盆・新盆などの法事法要に合わせてお墓参りをする場合には喪服(礼服や準礼服など)となりますが、法事法要とは関係なくご先祖に会いに行くお墓参りには、決まった服装はありません。
但し、他のお墓にもお参りに来られている遺族の方がいらっしゃいますので、極端に華美な服装や香りの強い香水などは避けるのがマナーです。
※宗教・宗派によっても異なりますので、ご自身の宗教に従って下さい。
お墓参りのしかた(仏教の場合)つづき
B  お墓参りのマナーや作法(仏教の場合)
1.墓地に入る前に、ご本堂の前で一礼
お寺の墓地の場合には、お参りの前に本堂、本尊にお参りします。
2.手を洗い浄めます。
3.手桶に水を汲み、墓地に向かいます。
手桶とひしゃくを借りられる墓地もあります。
4.自分の家のお墓の前についたらまずは一礼します。
両手を合わせて合掌します。
5.お墓と、お墓の周りの掃除をします。
・周りの雑草や落ち葉などを取り、墓石についた汚れをおとします。
 墓地ごとにルールがありますので、決められたルールにしたがって清掃をしましょう。

お墓のまわり ・花立て、線香立て、線香皿、水鉢、燭台などもきれいにします。枯れた花が残っていれば取り除き、花立てをきれいにします。

・周辺をホウキで掃き清め、雑草を取ります。
墓石 ・墓石にきれいなお水をかけて清めます。
・スポンジや柔らかいたわしを用いて汚れを落とします。
細かいところは、歯ブラシを使うと良いでしょう。力を入れると石を痛めますのでやさしく汚れを落とします。
6.お墓がきれいになったらお線香を供え、お花やお菓子などのお供えをし、拝礼をします。
・お花、お水、お菓子などをお供えします。
  ※卒塔婆については、こちらをご参照下さい>>>

お花 ・お花はお供えしたまま帰ることになります。あとで倒れないようにハサミで短かめに切ってお供えします。
お水 ・墓石のてっぺんからひしゃくで手桶のきれいなお水をかけて清めます。
・お水を御供えする器(水鉢)があればきれいなお水を入れます。
お線香 ・燭台があれば、ロウソクを立て、ロウソクにマッチなどで点火します。
次に、ろうそくから線香の束に火をつけます。炎(ほのお)が出てしまったら口で吹き消すのではなく、手であおいで炎だけを消し、お線香の先端だけが赤く灯った状態にします。

・線香立てにお線香をお供えします。
(立ててお供えする、寝かしてお供えするなど、宗教によって異なるようです。また、線香の本数も1本を立てる、2本を立てる、1本を折って横に寝かすなどの宗派があります。)
お供え物 ・半紙または持参した器などの上にお供えをし、お参りが終わったら持ち帰るようにします。
合掌・拝礼 ・両手を合わせ、先祖や故人の冥福を祈ります。
・近況の報告をしたりします。
・お経を唱えることができれば、お経を唱えても良いでしょう。

・特にこだわる必要はありませんが、もし家族で参拝する時に、拝礼の順番を気にする場合には、血縁の濃い順から参拝しましょう。
・墓石がたくさんある場合には、古い祖先のお墓にもお参りします。
[墓前回向・墓前読経・盆会墓前読経]
・事前にお寺に申し込みをしておけば、墓前読経をしていただくこともできます。
迎え火の持ち帰り ・迎え火を持ち帰る場合には、墓前のろうそくで提灯のロウソクに火を移し、消えないように持ち帰ります。

6.お盆の服装

▼お盆の服装
 お盆は身近な故人だけでなく祖先の霊も祀る(まつる)行事です。初盆・新盆には故人の知人、友人を招いて初盆の法要を行いますが(僧侶による読経や会食など)、二年目以降のお盆には遺族だけで供養をするのが一般的です。
 服装も、法要を行う初盆だけは礼服を着ますが、それ以外の家族で供養するお盆については、決まった服装はありません。

お盆の服装
[施主および遺族]
初盆・新盆の法要には喪服を着用する場合が多いようです。
男性はブラックスーツに黒のネクタイ、靴下も靴も黒です。
女性は黒無地のワンピースやアンサンブルにパールのネックレスなど。ストッキング、靴も黒です。

ただし、親族のみで初盆を行う場合、および2年目以降には、喪服でなくても地味な服装であれば良いでしょう。
お墓参りをする場合には派手な帽子や派手な日傘はタブーです。

[初盆・新盆の法要に招かれた場合]
例えば故人の知人や友人など初盆・新盆の法要に招かれた方は、略式喪服を着用するのが正式なマナーですが、施主や遺族よりも礼服の格が上にならないように注意して下さい。
 最近では暑い季節ということから地味な平服で参列することも多くなってきました(地域や宗派および故人や施主とのおつきあいの程度によります)

暑い季節ですので、調節ができる服装を工夫してください。ごく内輪の方のみであれば白いボタンダウンシャツに黒またはグレーのズボンなどでも良いのではないでしょうか。

学生の場合は、制服が基本です。
制服がない場合および、子供の服装は、白いブラウスまたはシャツに黒、紺、グレーのズボンまたはスカートなど。

なお、お手伝いをする場合には、白、黒または地味な色調の無地のエプロンや葬式用エプロンとして販売されているものなどを持参してください。

参考情報  卒塔婆と経木塔婆

お盆だけでなく法要などでも使われる卒塔婆について解説します。

[卒塔婆とは](読み方=そとば)
卒塔婆とは、故人の供養のために梵字や戒名が書いて墓石の後ろに立てる板のことをさします。もともと中国等ではお釈迦様の遺骨を安置し供養するための建造物でした。日本では木材で作られ、五重塔を表現しています。

[お盆の塔婆]
一般的な卒塔婆は、右のイラストのような形状をしていますが、お盆には、施餓鬼法要(読み方=せがきほうよう)またはお施餓鬼(=おせがき)、施餓鬼法会(=せがきほうえ)と言われる法会・法要を行い、右の卒塔婆よりも小型の「水塔婆」もしくは「経木塔婆」と呼ばれるものを用いることもあります。
(お寺や宗派によって異なります。浄土真宗では行わないとされています)

大きなタイプの卒塔婆は葬儀・法事法要の機会のいずれでも立てることができます。寺事務所に申し込み、墓石の後ろに立て

故人を供養することになります、小さな経木塔婆は、お盆に用います。

卒塔婆

 

(代表的な例では)お盆前の7月10日頃(8月盆の地域では8月10日頃)に施餓鬼の法会・盂蘭盆会をお寺で行います。遺族はお寺から経木塔婆を受け取って自宅の仏壇に安置します(お盆の期間は仏壇に安置することがお盆に故人の魂をお迎えすることになります。仏壇に安置する際は塔婆立などの名称のものに安置します。初盆の場合には精霊棚に安置します)。盆開けには塔婆をお寺に持参して送り火として焚き上げ供養をしてもらいます。
かつては、お盆あけに川に流して供養した地域もあり水塔婆と呼ばれることもあります。最近では環境問題もあり、川に流すことは少なくなってきています。

卒塔婆の費用はだいたい3,000円〜5,000円くらい。経木塔婆は1,000円〜4,000円くらい。お寺によって異なります、ご確認下さい。

盆・お盆と言えば…
下記は別ページに記載
初盆・新盆
初盆のお返し
一周忌
一周忌 施主の挨拶
法事
法事の服装