不祝儀袋

■ 不祝儀袋の中袋
不祝儀袋や熨斗袋(ぶしゅうぎぶくろ・のしふくろ)には、中袋がついているものもあります。また、正式な作法・包み方を用いて不祝儀袋を作る場合には直接お金を包まずに中包みでお金を包んでから不祝儀袋に入れます。
ここでは中袋および中包みのお金の入れ方および金額の書き方について解説します。
………このページの内容………
▼1. 不祝儀袋と中袋・中包み
  不祝儀袋と中袋とお金の向き
  お札の表と裏
  不祝儀袋の糊(のり)と封
▼2. 中包みの包み方
  お金の入れ方、包み方、向き
▼3. 金額の書き方と裏面の書き方
 1.不祝儀袋とは・不祝儀袋マナー
通夜や葬式葬儀または法事法要などの際に、お悔やみの気持ちを表わすお悔やみ金を包む袋を不祝儀袋と言います。
不祝儀袋は、一般的には「お悔やみ用のし袋」「お悔やみのし袋」あるいはもう少し具体的に「香典袋」などと呼ばれます。
不祝儀袋と中袋とお札の向き
不祝儀袋は、お悔やみ用の熨斗袋のことです。また正式な包み方として上包みもあります。

最も外側が上包み(正式包み)または不祝儀袋、
その内側に来るのが中包みまたは中袋です。
この中包みまたは中袋の中に現金を入れます。

中に入れる金額がのし袋の格に合うようにします。

中包みや中袋のないタイプには直接現金を入れる形となりますが、このタイプののし袋は中に入れる金額が少ない場合に用いられます。

香典袋に入れるお札の向きには厳密な決まりはないとされますが、一般的には不祝儀袋と中包み(または中袋)に対して、お札は、裏=うらの面が来るように入れるのが慣例となっています。
上包み,正式包み+中包みの場合
不祝儀袋+中袋の場合
不祝儀袋のみの場合
お札の表と裏 (お札はどっちがおもて?)

←お札にも表と裏があります。
人物がある方がおもて。人物がない方が裏です。
不祝儀袋に入れる時にお札の表と裏が必要になってくることがありますので覚えておきましょう。
不祝儀袋の糊と封 (不祝儀袋は糊付けするの?)
・上包みは糊付けは不要
・中包みも基本的には糊付けなしでも失礼にはあたりません。
・中袋の場合にも、基本的には糊付けしません。

スポンサードリンク

 2.中包みの包み方
不祝儀袋の中包みの包み方についてご説明します。中袋なしの場合には以下のようにして半紙などで中包みを自作できます。
中包みのお金の包み方(お金の入れ方向き、包み方)

① 半紙、奉書紙などは、裏側を上にして置きます。
まず最初にお金を置く位置を決めるためのガイドラインを作ります。
右の見本の点線のように下から上に折り目をつけます。


上記で折り目をつけたガイドラインに沿って、お金を置きます。
お札が二枚以上の場合には、お札の向きを揃えます。
通夜や葬儀のお金を包む時にはお札は新札を用いないのがマナーとなっています。
また最終的に裏側(人物の顔のない側)がのし袋の表側に来るように包むのが慣例となっています

左の角をお札に沿って折ります。

③お札の右を折ります。

④ お札の部分を下から上に折ります。
これにより、次の⑤ではこれまで下を向いていた面が出たことになります

⑤ 先端の部分を下に折ります。

⑥ 上の⑤ を裏返すと中包みが完成!
  人物のある側がおもてに出ることになります。

(この状態のものができれば、中袋なしの場合などに代用が可能です。

また、市販の不祝儀袋の中には、包む金額が少額の場合などに、お札を中袋無しでそのまま包むタイプがあります。)

中包みの糊付けは基本的に不要です(ただし、お札の枚数が多い時などに留めることがあります。その場合はイラスト

⑤ の三角形の裏側を軽く留め、〆と書きます)

スポンサードリンク

上包みの包み方
こんどは中包みを包むための上包みを作ります。

⑦ 中央に中包みを置きます。
この時、人物の顔のない方が表に来るように置きます。
右側を折ります。
⑧ 左側を折ります。 ⑨ 下を後ろに折ります。

⑩ (上記⑨ で下から上に後ろに折った後で)
上から下に後ろに折ります。

⑪ 左が完成図。裏返すと右図になります。

※参考情報…市販品は、不祝儀袋でも合わせが左に来ているものが非常に多くなっています。

のし袋の裏側

弔事の場合の折り方はこう覚える!
(うしろから見た図)
お悔やみ事のときは上から下へかぶせる

スポンサードリンク

 3.金額の書き方
不祝儀袋の中袋(中包みとも言います)などに書く金額の書き方について解説します。
不祝儀袋の中袋の金額の書き方
・市販の不祝儀袋の中には、中袋(中包み)がついているものもあります。

・ 中袋に金額や住所を書く欄があるものは、その中に記入します。

・下記は、中袋に書く漢数字の表記のしかたです。
 上に金という文字を書くのが通例ですが、「金参萬圓也」のような也はつけなくて良いとされています。

  ※弔事の場合、地方によっては金額も裏面に書く地域もあります。
祝儀袋の中袋の表側 / 金額を書く 不祝儀袋の中袋の表側 / 金額を書く

[結婚式の御祝儀袋]
金額の例
30,000円
  ※濃い墨で書く

書き方例

30,000円
三万円
参万円
参萬円
参萬圓
など。

[弔事の場合]
金額の例
10,000円
  ※薄墨で書く

書き方例

10,000円
一万円
壱万円
壱萬円
壱萬圓
など。
中袋に書く金額の書き方の例
最近は不祝儀袋に横書きの金額記入欄が印刷されているものもあり、アラビア数字で書くケースも増えているようです(0,1,2,3…を使い、30,000円、50,000円などと書く。
1 2 3 4 5
6789 10 1000 10000
六七八九

スポンサードリンク

中袋の裏面の書き方
祝儀袋の中袋の裏側 /
 氏名を書く
不祝儀袋の中袋の裏側 /
 住所氏名を書く

裏側…裏面には住所氏名を書きます。
結婚式披露宴に招待されている時にはには氏名のみを書きます。
お祝い事の場合には、裏面も濃い墨で。
表側を縦書きで書いた場合には、裏面も縦書で書きます。

裏側…裏面には住所と氏名を書きます。
表面と同様、裏面も薄墨で。
表側を縦書きで書いた場合には、裏面も縦書で書きます。

住所を書くのはお礼状を書く時に配慮するものです。

※地方によっては金額も裏面に書く地域もあります。
パソコン表示スマホ表示