法事法要・香典
・お布施と言えば…
初盆のお返し
年忌法要の挨拶
法事の服装
一周忌 施主の挨拶
葬儀・法要マナー
▼通夜・葬儀・葬式
通夜のマナー
通夜・葬儀告別式
通夜,葬儀の服装 参列者
通夜,葬儀の服装 遺族
葬儀の挨拶
供花・生花・献花
通夜,葬儀・葬式の香典
キリスト教,神道の香典
香典 金額の相場
香典の入れ方,包み方
香典 送り方,お悔やみの手紙
香典返し
お布施 表書き,金額
不祝儀袋マナー
不祝儀袋の中袋,中包み
袱紗 ふくさの包み方
家族葬
家族葬の挨拶状
▼法事・法要
法事・法要の香典
お布施 表書き,金額
四十九日 儀式とマナー
四十九日 案内状・挨拶
納骨式 時期と準備
納骨式 流れと服装
初盆・新盆
初盆・新盆のお返し
盆・お盆
一周忌 儀式とマナー
一周忌 案内状・挨拶
年忌法要の挨拶
年忌法要 案内状
年忌法要 儀式とマナー
三回忌,七回忌,◯回忌法要
↓ 姉妹ページ ↓
電報文例HOME
弔電・お悔やみ電報
法事のマナー
■ 法事とは
  法事とは、故人の供養のために行なう行事のことをさします。現在では法事と法要はほとんど同じような意味に使われることが多いのですが、もともとは法事とは仏教の儀式全般 をさす言葉でした。
 仏教では、亡くなってから49日間を「中陰」と呼び、四十九日までの間は七日ごとに法事・法要があります。また、四十九日目にあたる日を「満中陰」と呼び忌明けとされます。更に命日と同じ日に一周忌、三回忌、七回忌などの年忌法要もあります。
  このページでは仏教の法事・法要の儀式の流れと引出物や料理などの準備、参列者の香典、神式の法要などについてご説明します。
スポンサードリンク
■ 内容
  ▼1. 法事・法要とは?
▼2. 法要の準備(引き出物、お供え。お返し)
▼3. 引き出物について(法要の際のお返し)
▼4. お布施の金額相場、お布施の袋の書き方、お布施の渡し方
▼5. 香典の金額相場、香典のしの書き方、香典の出し方
▼6. 法事法要の流れ・進行
▼7. 神道・神式法要の流れ・進行
■1.法事・法要とは?
1-1.仏教・仏式
 仏教において故人を供養する儀式を法事・法要と言います。現在では法事と法要はほとんど同じような意味に使われることが多いのですが、もともとは法事の方は仏教の儀式全般 をさす言葉でした。
 亡くなってから七日目に行う「初七日」から、四十九日めに行う「四十九日」までの法要を追善法要と言い、四十九日目で忌明けとなります。この間、初七日以外の法要はふつうは遺族だけで供養が行なわれますが、四十九日の法要だけは忌明けの日として親族・友人・知人たちも参列し、僧侶による読経のあと、焼香や会食が行なわれます。


●追善法要と年忌法要
 [追善法要]
四十九日までの間、七日ごとに閻魔大王(えんまだいおう)による裁きが行なわれ、最終的に極楽浄土にいけるかどうかの判決が下されるのが四十九日目だと言われています。閻魔様に少しでも良い判決をしてもらうために故人が生前に行なった善行に(ぜんこう=よいおこない)、遺族が祈ることによって善を足す、善を追加するという意味で「追善法要(ついぜんほうよう)」と呼ばれます。

 [年忌法要]
命日から一年目、三年目、七年目など、節目となる年ごとに行われる法要を年忌法要と言い、一周忌とは亡くなってから満一年目の同月同日のことを言います。また、命日と同じ月の同じ日が毎年一年に一度やってきます。この日のことを祥月命日と言います。

●四十九日は非常に重要
 四十九日は忌明けということで、故人を供養するにあたってひとつの節目となります。そのため、「納骨・納骨式」は四十九日に合わせて行なわれることが最も多いほか、仏壇が無いお宅ではこの日までに新規に仏壇を準備し「開眼供養」は四十九日の法要までに行なわれます。

 [納骨・納骨式]
   =遺骨をお墓に埋葬する儀式。納骨は四十九日に行なわれることが多いようです。
   四十九日の日に行なわない場合でも遅くとも三回忌の頃までに済ませます。
 [開眼供養]
   =仏壇開きとも言われ、魂を入れた本位牌を仏壇に安置する儀式です。
 [香典返し]
  =通夜・葬儀に香典を頂いた相手に、お礼状を添えて香典返しを送ります。
    一般的に四十九日の忌明けにタイミングを合わせて手配をします。
  ※参考ページ「香典返し」>>>
  ※参考ページ「四十九日」>>>
▲ページTOPへ 
◆仏教の主な法事の名称と日数の数え方
法要の名前 時期
追善法要
  初七日
(しょなぬか)
・初七日は、本来は亡くなってから7日目に行われるのですが、最近は遺族や知人の日程に配慮し、葬儀当日に、火葬場から戻ってきてから遺骨を迎える儀式(還骨勤行=かんこつごんぎょう)と合わせて行われることが多いようです。
この間、14日目、21日目、28日目、35日目、42日目といった具合に、七日ごとに法要があります。それぞれ名称がついており、例えば14日めは「二七日忌(ふたなぬ か)」21日めは「三七日忌(みなぬか)」となります。これらの法要はふつう遺族のみで行われます。

[法要の日程を決める際の日数の数え方]
百箇日までの法要は、亡くなった日を含めて日数を数えます
四十九日
(しじゆうくにち)

49日目
忌明けの法要がなされます

追悼法要
  初盆・新盆
(はつぼん)
( にいぼん)
(死後の日数とは関係なく)初盆の法要は、四十九日を過ぎてから初めてのお盆に行います。四十九日よりも前にお盆が来た場合には、翌年に初盆の法要を行います。
お盆の時期は地域によって異なりますが、旧暦のお盆なら7月。一般 的には8月の13日〜16日です。
百箇日
(ひゃっかにち)

百箇日の法要は、亡くなってから100日目に遺族のみで供養をします。
[日数の数え方]
百箇日までの法要は、亡くなった日を含めて日数を数えます

年忌法要
  一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌といった具合に、年忌法要があります。

一周忌は亡くなってから満一年目に行ないますが、他の「○回忌」という法要は満年数マイナス一年で行ないます(例えば七回忌は満七年目ではなく、満六年目の命日に行ないます)
年忌法要は、命日から年数が経つほど遺族のみで行われるようになります。

スポンサードリンク

1-2.神教・神式
 神教の場合には、七日ごとではなく十日ごとに齋日があり、ちょうど仏教の初七日に該当するのが「十日祭」、四十九日(忌明け)に該当するのが「五十日祭」として忌明けとなります。
●霊祭と式年祭
 [霊祭]
 仏教では七日に忌日がありますが、神式の場合十日ごとに祭日があり、中でも儀式を執り行う日を特に「霊祭と言います。仏教の初七日にあたる「十日祭」、四十九日にあたる「五十日祭」、百箇日にあたる「百日祭」には霊祭のかたちで、神職を招いて儀式を行ないます。

 [式年祭・粗霊祭

命日から一年目、三年目、五年目など、節目となる年ごとに行われる法要を式年祭と言い、一年祭とは亡くなってから満一年目の同月同日のことを言います

●五十日祭は非常に重要
 五十日祭は忌明けということで、故人を供養するにあたってひとつの節目となります。そのため、神職や奏楽隊を招いて法要が行なわれます。 この日に納骨が行なわれることも多いようです。

▲ページTOPへ 
◆神式(神道)の主な法要の名称と日数の数え方
法要の名前 時期
霊祭
  十日祭 ・墓前または祭壇前で霊祭を行ないます。本来は10日目に行なうものですが、近年では参列者の都合もあることから葬祭の後に続いて行われることが多くなっています。
  ・この間、二十日祭、三十日祭、四十日祭がありますが、ふつうは遺族だけで行ないます。
五十日祭

・仏教で言う「忌明け」にあたる儀式を行ないます。神職を招き、友人知人たちと一緒に供物を供えたり、玉 串奉奠をしたりします。この日に納骨が行なわれることも多いほか、五十日祭が終わったら、粗霊舎に写 し、先祖の御霊と一緒にまつられます。

日祭

・墓前または祭壇前で霊祭を行ないます。

祖霊祭・式年祭
 

一年祭、三年祭、五年祭、十年祭といった式年祭(粗霊祭)があります。神職を招き、友人知人たちと一緒に供物を供えたり、玉 串奉奠をしたりします。

1-3.キリスト教式
 キリスト教の場合には、カトリックとプロテスタントで若干異なりますが、大きく分けて追悼ミサ、記念ミサのように、ある特定の故人をしのぶものと、万霊節のようにすべての死者を追悼するものがあります。

▲ページTOPへ 
◆キリスト教式の主な法要の名称と日数の数え方
法要の名前 時期
追悼ミサ
  ・カトリック(追悼ミサ) ・三日目と七日目にミサを行ないます。
・カトリック (記念ミサ)
・プロテスタント(昇天記念日)

・1ヶ月目の命日に、カトリックでは神父、プロテスタントは牧師と、遺族、近親者、友人などで儀式を行ないます。

・カトリック(記念ミサ) ・一年目にミサを行ないます。
万霊節
 

カトリックでは11月2日が万霊節と決められており、すべての死者を追悼します。

■2.法事・法要の準備(引き出物、お供え。お返し)
 法要は遺族のみで行なう場合と、故人の知人や友人にも案内状を出して出席をしていただいた上で僧侶を招いて行なうものとがあります。なかでも四十九日、初盆、一周忌、三回忌などの主な法事・法要では僧侶による読経のあと遺族や参列者による焼香がなされ、儀式の後で、一同で食事をするのが一般 的です。
 法事・法要の準備としては、まずは日程を決めて、僧侶に連絡をし、引き出物や食事の手配をします
 この項目では遺族側(施主側)が準備する内容についてご説明いたします。
▲ページTOPへ 
施主が行う法事・法要の準備
項目 準備の内容とポイント
◆手配の前に遺族で相談すること
  日程を決める ・法要をいつ行うのか、遺族が相談して決めます。参列者の都合を考え、命日が平日になる場合は、その直前の土日にずらして行なうこともあります。

・四十九日までの日数を数える時には、亡くなった日を含めて数えます。(百箇日までの法要は、亡くなった日を含めて数えます)
・一周忌は、命日から満一年目ですが、他の「○回忌」という年忌法要は満年数マイナス一年で行ないます(例えば三回忌は満二年目に行ないます) 。
場所を決める ・法事・法要を行う場所を決めます。
 自宅、お寺、斎場、ホテルなどのいずれの場所で行うのかを決めます。 自宅や菩提寺で行なう場合も多いと思います。
納骨をするかどうか決める ・「納骨」は四十九日の忌明けに合わせて行なわれることが多いようです。遺族が相談し、四十九日の法要と合わせて納骨をするかどうかを決めます。もし納骨を行なう場合には「埋葬許可証」が必要です。

(納骨は絶対に四十九日の法要に合わせて行なわなくてはならないと言うものではありません。遅くとも三回忌の法要までには納骨を済ませるようにします)

[納骨について]
・死亡届を市町村役場に提出すると、「火葬許可証」および「埋葬許可証」が発行されます。納骨法要には、この埋葬許可証が必要となります。

・納骨と合わせて卒塔婆(卒塔婆=そとば、と読みます)が必要となる場合もあります。納骨をする旨を菩提寺(お寺)に伝え、必要な費用を確認しておくと良いでしょう。 (浄土真宗では卒塔婆は用いません。)
会食をするかどうかを決める ・法事の後でする会食をお齋と言います(お齋=おとき、と読みます)。

・まずは 「会食をする・会食をしない」のいずれかを決め、会場を変えるかどうかも話し合っておきましょう。 自宅で法要をする場合は法要のあと別室での会食となりますが、法要のあとで場所を移して会食をする場合もあります。菩提寺(お寺)で法要をした後、近くの料亭やレストランで会食という例も増えているようです。

・会食は行わなくても失礼にはあたりません。その場合は法事のあと引き出物と一緒にお酒と折詰弁当などをお持ち帰り頂きます。
招待する人を決める ・法事・法要に招待する人を決めます。遺族、親族だけで行うか、故人の友人、知人、会社関係まで声をかけるかを決めます。

・葬儀の際の受付名簿などを参考にしながら遺族で話し合って決めます。会場の場所を決めたり、案内状の送付の際に必要となります。
◆お寺に手配したり依頼したりすること
  お寺への連絡 日程が決まったらなるべく早くお寺に連絡をします。菩提寺があれば菩提寺に連絡をしますが、霊園や墓地を利用しているお宅の場合には、葬儀や忌明けの法要の時にお世話になったお寺に依頼すると良いでしょう。

法事を執り行いたいと告げ、日程と法事の場所も忘れずに伝えた上でお寺の都合を伺います(ご住職、僧侶の都合を確認します)。また、納骨法要・納骨式を法要と合わせて行ないたい場合には、その旨も告げて費用を確認します。
お寺に確認すること 法事・法要の後でお齋を行う場合には「法要のあと、お食事をご用意したいのですが、宜しければ和尚様も御一緒いただけませんでしょうか」などと和尚様のご都合をお聞きしてください
(※会食への出欠を尋ねるこの質問は、法事の後でお布施や謝礼をお渡しする際に役に立ちます)

※ご住職(僧侶)に対して呼び掛ける時は「和尚様(おしょうさま)」「ご導師様」などとお呼びするのが無難です。「ご院家様(ごいんげさま)」とお呼びすることもありますが宗派によるようです。
筆者は葬儀社から「浄土真宗では住職に対してご院家様と呼ぶ」と教えて頂いたのですが、地方によってはこの呼称は使わず、すべての住職に対し「和尚様(おしょうさま)」と呼ぶ地域もあります。
◆施主が準備すること
  料理の手配
または
レストランなどの予約
・法事・法要の後で会食(お齋)を行う場合には、必要に応じて仕出し料理やレストランなどの予約をします。

・ 「法事・法要のための料理」と、目的をはっきりと伝えます。
…… 献立の中におめでたい鯛や伊勢海老などのご祝儀料理が入ることが無いように 「法事(法要)のあとの会食です」と伝えた上で、日程と人数、予算を告げて予約をします。自宅から移動する場合に必要があれば送迎用の車なども手配します。

・会食は行わなくても失礼にはあたりません。その場合は法事のあと引き出物と一緒にお酒と折詰弁当などをお持ち帰り頂きます。

案内状の準備と送付

・法事・法要を遺族や親族のみで行う場合には電話による連絡でも良いのですが、故人の知人、友人や会社関係者などにも知らせる場合には、案内状を送ります。

・親族以外の方にも案内状を送る場合には、食事や引出物の手配の都合もあるため、返信用はがき(または往復ハガキ)にて出欠を確認します。

・案内状の文例はこちらの別ページへ
>>>

引き出物

・法要のあとでお渡しする引き出物(頂く香典のお返しの意味もあります)の手配をします。
詳細はこのページの次の項[3.]で説明します。

お布施ほか

・法事・法要のあとで僧侶にお渡しするお礼(お金)をお布施と言います。法要を寺でなく自宅で行う場合には 、「お布施」の他に「お車代」を用意します。
もし、法要のあとの会食に僧侶が出席しない場合にはこれらとは別 に「御膳料」という形で現金を包みます。
詳細はこのページの他の項[4.]で説明します。

・お布施をお渡しする時には、直接手渡しするのではなく、お盆に載せてお渡しするのが正式な作法なので、小さなお盆も用意しておきましょう。もし、法要だけでなく納骨法要・納骨式も合わせて行なう場合にはその分のお礼の金額も合わせて考慮しなくてはなりません。

お供え

・果物やお花などをご仏前にお供えする場合には手配をします。果 物やお花などのお供物は、遺族・親族だけでなく参列者がお供えすることもあります。

・お供え物ののしの表書きは「御供」など。施主が御供えする場合の、のしの下段は○○家となります。

納骨の準備

・もし法要と合わせて納骨を行なう場合には、「納骨許可証」と「寺(菩提寺)」にも連絡をします。
また、法要の場所と、納骨の場所が異なる場合(例えば霊園墓地のようなところで僧侶による読経と納骨式をお願いする場合には、別 途「お車代」「お布施」などが必要となります。

卒塔婆

・法事・法要の際に、故人の供養のためにお墓に卒塔婆をつけてもらう場合には、お寺に料金を確認してください。お寺によって、また地方によっても異なりますが、金額のめやすは3,000円くらいです。

・卒塔婆とは、お墓の後ろに立っている薄い板のことで、戒名、享年、梵字などが書かれたものをさします。 卒塔婆供養は法要に欠かせないものというわけではありません。
なお、卒塔婆は浄土真宗では用いません。

スポンサードリンク
■3.引き出物について(法要の際のお返し)
 法事・法要に出席していただいた方には、引き出物をお渡しします(法要の際のお返しのことです)。引出物をお渡しするタイミングと、のしの書き方などについてご説明いたします。
▲ページTOPへ 
法要の引出物について
項目 準備の内容とポイント
◆引出物の手配と準備
  熨斗の書き方は?のし
  ・引出物につける熨斗紙(のし)の表書きは「粗供養」「志」などです。

・ 薄墨ではなく黒い墨で(真っ黒の墨で)書きます。

・のしの水引きは黒白、双銀などの結び切りのもので、下段には施主の姓を書きます。
粗供養
引出物にはどんなものを?
  ・引き出物に多く使われるものとしては、石鹸、洗剤などの実用品や、お茶、お菓子、海苔などの食品が一般 的です。お菓子は和菓子が中心となりますが洋菓子でもOKです。
実用品や食品などの消えもの(消えもの=消費されて消えてなくなるもの)が多く、インテリアや食器などの残るものはあまり向きません。

※関西では弔事用の和菓子として黄白の饅頭を使う地域もあります。ごく一部の関東地区では緑色と白の饅頭を使う地域もあります。

※法要の後の会食あり・なしに関わらず引き出物と一緒にお持ち帰り頂くためのお酒の小壜をつける地方もあります。
引出物の金額
  ・引き出物の金額の相場は、香典として頂く金額の1/2〜1/3くらいが適当と言われています。金額のめやすとしては、2,000円〜5,000円程度の品物が一般 的です。

※下記は香典金額を考慮した引き出物の予算の一般 的な例です。年齢やおつきあいの深さによっても変わって参ります。
金額の相場
  法事の香典の相場
(★)
引き出物の相場
[頂く香典(左欄)の
半額〜1/3]
1.故人と血縁関係がある場合 10,000円〜30,000円
※夫婦で出席する場合などをはじめ、詳細は別項[5.]にて
3,000円〜10,000円
2.故人と血縁関係がない知人・友人 5,000円〜10,000円

(会食に出席しない場合には3,000円〜)
2,000円〜5,000円
(★)香典の相場についての詳細は、このページの他の項[5.]を参照して下さい。

・ 法事・法要には、親族の他にはごく親しい人しか出席しませんので、お店などで引き出物を手配する場合には品物だけ決め、およその数を伝えておいたあと、案内状に対する出欠の返事を得てから数量 を確定します。

・法事・法要のあと会食は行わなくても失礼にはあたりません。その場合は法事のあと引き出物と一緒にお酒と折詰弁当などをお持ち帰り頂きます。会食が無い場合には、引き出物以外に折り詰めやお酒などの手配を忘れずにします。
こうした場合、会食の料理の分だけ引き出物の予算を増やすと良いでしょう。
引き出物に印をつける
  ・もし、他の人とは異なる引き出物を用意する場合には、お持ち帰り頂く際にすぐにわかるように印をつけます。
 ◎夫婦で法要に出席する人の引き出物
 ◎金額が異なる引き出物
 ◎僧侶にお渡しする引き出物
 ◎ 特にお世話になった人の引き出物など
◆引き出物の渡し方(法事・法要の当日、引き出物を渡す)
  会食ありの場合
  ・会食の席がもうすぐお開きになるという前に、それぞれのお客様の席のところに持参します。僧侶のところに最初に配ります。和室で座布団のお席の場合に通 行の邪魔にならないように卓の上、膳の脇、テーブルの下などに、相手に声をかけながら置いていきます。


[引き出物を置く際、一声かける挨拶の例]

「恐れ入りますがこちらに置かせていただきます。少し荷物になりますがお帰りの際にお持ち帰り下さい」など。

・もし出席者の人数が多い場合は引き出物を配るのに時間がかかるだけでなく、配る行為自体がお齋(会食)の邪魔になるのであらかじめ各席に置いても良いでしょう。

・会食があるのにも関わらず会食に出席せずに帰る方がいらっしゃる場合は、その客の分だけ別 においておきます。法要が終わってお帰りになる際に、お礼の挨拶を述べながら引き出物をお渡しします。

[先に帰るお客様に引き出物をお渡しする際、一声かける挨拶の例]

「本日はお忙しい中をおこし頂きありがとうございました。 」など。

※法要の後の会食について、法要のあとで場所を変えて行う場合も多くなっています。会食をレストランやホテルなどで行う場合には、会場の準備を先方に任せる場合が多いため、引き出物をあらかじめセッティングして頂くか、会食のお開きが近付いた頃に配っていただくか、会場担当者と打ち合わせをしておきましょう。
会食なしの場合
 

出席者の都合がどうしても合わない場合や、遠方での法要の場合など、会食なしでも失礼にはあたりません。会食が無い場合には、引き出物と一緒に折り詰めのお弁当(または折り詰めの料理)と小壜のお酒(300ml程度kらいまでのサイズ)を用意します。

[会食(お齋=おとき)が無い場合の、施主の挨拶の例]
「本日はお忙しい中をお集まり頂きましてありがとうございました。おかげさまで父□□□
の○○忌(○○日)の法要も無事終えることができ、父も安心していることと思います。これからも変わらぬ ご指導ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。
本来であれば、このあとお膳でもご用意すべきところではございますが、都合により本日はこれにてお開きとさせて頂きます。恐縮ではございますが、折り詰めなどを用意しておりますのでお持ち帰り下さいませ。本日は誠に有難うございました。 」など。

■4.お布施の金額相場、お布施の袋の書き方、お布施の渡し方
 法要の際、お寺にお渡しする謝礼をお布施と言います。僧侶にお布施を渡すタイミングと、お布施の袋の表書きの書き方などについてご説明いたします。
施主は前日までに食事の手配をし、お供え物を確認し、引き出物を用意し、
以下のお布施などを準備します。
 1. お布施
 2. お車代(寺以外の場所で法要を行う場合)
 3. 御膳料(僧侶が会食を辞退された場合)
▲ページTOPへ 
四十九日法要の際に僧侶に渡す 「お布施」「お礼」について
項目 準備の内容とポイント
◆お布施の準備
  僧侶に法要のお礼を渡す際の、袋の書き方は?
  ・法事・法要の際、寺の住職(僧侶、和尚様、ご院家様)に読経をしていただいたら、お礼として現金を袋に入れて渡します。

・袋は、熨斗袋ではなく、白い封筒を使います。この場合の封筒は、二重になっているものは使わないようにします。(「不幸ごとが重なる」といわれます。二重封筒は避けた方が良いでしょう。)
郵便番号の欄の無いものを選んでください。

・ 表書きは「御布施」「お布施」「御経料」などです。

・下段は、右の見本画像のように、「○○家」と施主の姓を書くか、または施主の氏名を書きます。

・薄墨ではなく黒い墨で(真っ黒の墨で)書きます。

・本来は半紙の中包みに入れて、奉書紙で包むのが最も正式な形です。のし袋は用いません。

神社、お寺、教会への謝礼の表書き
※いずれも白い封筒でOK。
[仏式・仏教 ]・御布施、御経料など
[神式・神道 ]・御礼など
[キリスト教式]・カトリック(御ミサ料)、プロテスタント(昇天記念献金)など
御布施

御布施
お布施の金額はどのくらいを包む?(お布施の金額の相場は)
・お布施または御経料の金額相場は30,000円程度〜です。
一般的なお布施の金額の目安ですが、心配な場合には法要の予約をする際にお寺に料金を確認してください。(教会、神社についても予約の際に金額を確認すると安心です)

※納骨式をして頂く場合にはその分をプラスします。
◆お車代の準備
  自宅や、その他の会場で法要を行う場合の交通 費は?
  ・法事・法要の際、自宅やその他の会場まで僧侶におこし頂く場合には、交通 費を右のイラスト画像のような袋に入れてお渡しします。

・袋は、熨斗袋ではなく、白い封筒を使います。この場合の封筒は、二重になっているものは使わないようにします。郵便番号の欄の無いものを選んでください。

・ 表書きは「お車代」が一般的です。

・下段は、なし。

・薄墨ではなく黒い墨で(真っ黒の墨で)書きます。
お車代
お車代の金額はどのくらいを包む?(交通 費の金額の相場は)
  ・車やバイクなど、僧侶自身の運転でおこしいただいた場合、5,000円〜10,000円くらいをお車代として包みます。送迎タクシーを施主が手配し、タクシー会社へ実費を支払うこともあります。
◆お膳料の準備
  僧侶が、会食を辞退された場合には?
・法事・法要の際、会食の席を用意しているにも関わらず、僧侶が出席を辞退してお帰りになる場合には、右の画像のように「御膳料」を包みます。

・袋は、熨斗袋ではなく、白い封筒を使います。この場合の封筒は、二重になっているものは使わないようにします。郵便番号の欄の無いものを選んでください。

・ 表書きは「御膳料」が一般的です。

・下段は、なし。

・薄墨ではなく黒い墨で(真っ黒の墨で)書きます。

※会食そのものを実施しない場合には、折り詰めの料理、お酒の小壜などをお持ち帰り頂きます。
御布施
御膳料の金額はどのくらいを包む?(御膳料の金額の相場は)
  ・地方によって、また、法要の会場によっても異なりますが御膳料としては5,000円〜20,000円くらいです。

僧侶に「お布施」を渡す時 お布施の渡し方
項目 お布施の渡し方の内容とポイント
◆お布施はお盆にのせて渡す
  僧侶に法要のお礼を渡す際の、渡し方は?
  ・法要が終わり、僧侶が帰られる際にはお礼としてお布施をお渡しします。
(必要があれば、お車代、御膳料も一緒にお渡しします)。
お布施は直接手渡すのではなく、小さなお盆に載せて用意します。お盆は、切手盆などが体裁が良いのですが無ければ小さなお盆に載せ、文字の正面 を僧侶の方に向けて差し出します。

[僧侶にお布施をお渡しするときの、一言挨拶の例]
◎「本日は、父の○○忌(○○日)に際し、お心のこもったおつとめをして頂きましてありがとうございました。些少ではございますが、これはお礼でございます。どうぞお納め下さい。どうか今後とも宜しくお願い申し上げます。」

◎「本日は、父の○○忌(○○日)に際し、お心のこもったお勤めをして頂きましてありがとうございました。またお忙しい中を最後までお付き合い頂きありがとうございました。些少ではございますが、これはお礼でございます。どうぞお納め下さい。どうか今後とも宜しくお願い申し上げます。」など。

■5.香典の金額相場、香典のしの書き方
 ここでは、施主ではなく、法事・法要に出席する場合に持参する香典について、のしの書き方や金額の相場についてご説明いたします。
▲ページTOPへ 
法事・法要の際に持参する香典について
項目 内容とポイント
◆のし袋(香典袋・不祝儀袋)の準備
  四十九日までの法要に持参する香典の、のし袋の書き方は?
・法事・法要の際、香典(お金をのし袋に入れたもの)またはお供物を持参します。四十九日までの法要では、のし袋の表書きは「御霊前」です。(四十九日以降は御仏前となります)

・ 薄墨で書きます。

・のしの水引きは黒白、双銀などの結び切りのもので、下段には出席者の氏名(フルネーム)を書きます。蓮の花の入ったのし袋は、仏教にしか使えません。

・夫婦で法要に参列する場合、夫の氏名だけでも構いませんが、夫婦二人とも故人にお世話になった場合には、右の見本画像のように連名で書きます(中央に夫の氏名を書き、左側に妻の名を書き添えます)。

※御霊前という表書きは、神式・神道でも使えます。また、宗教がわからない場合は、御霊前と書いたものを持参すれば宗教を問わず使えますが蓮の絵のものは仏教にしか使えませんので注意してください。
香典の表書き (忌明け前)
[仏式・仏教 ]・御霊前、御香料など
[神式・神道 ]・御玉串料、御霊前など
[キリスト教式]・お花料(プロテスタント)、御ミサ料(カトリック)、御霊前など
御霊前


四十九日以降の法要に持参する香典の、のし袋の書き方は?
・四十九日の法要の際、香典(お金をのし袋に入れたもの)またはお供物を持参します。

・仏教の場合の、法事ののし袋の表書きは「御仏前」「御佛前」「御供物料」「御香料」などです。(御霊前という表書きは四十九日には使いません。)

・ 薄墨ではなく黒い墨で(真っ黒の墨で)書きます。

・のしの水引きは黒白、双銀などの結び切りのもので、下段には出席者の氏名(フルネーム)を書きます。蓮の花の入ったのし袋は、仏教にしか使えません。

・夫婦で法要に参列する場合、夫の氏名だけでも構いませんが、夫婦二人とも故人にお世話になった場合には、右の見本画像のように連名で書きます(中央に夫の氏名を書き、左側に妻の名を書き添えます)。

香典の表書き (忌明け後)
[仏式・仏教 ]・御仏前、御香料など
[神式・神道 ]・御玉串料、御神饌など
[キリスト教式]・お花料(プロテスタント、カトリックいずれも使う)、御ミサ料(カトリック)、など
御仏前

御佛前
香典の金額はどのくらいを包む?(香典の金額の相場は)
・故人とのおつきあいの程度によって金額が変わってきます。 また、法事・法要のあとで会食(おもてなしの食事。お齋(おとき)と言います)があるかどうかによっても包む金額が変わって来ます。

※下記は香典の予算の一般 的な例です。年齢やおつきあいの深さによっても変わってまいります。また、自宅での法要とホテルなどでの法要とでは相場も変わってくるようです。
更に地域によっても金額に差があります。
法事の香典の相場(金額の相場)
故人との関係 法要のみの場合
(会食なし)
法要の後で会食あり
1.故人と血縁関係がある場合 10,000円〜30,000円 20,000円〜50,000円
※夫婦で出席する場合
20,000円〜50,000円
※夫婦で出席する場合
30,000円〜
2.故人と血縁関係がない知人・友人 一般的なお付き合い
5,000円〜10,000円
お世話になった
10,000円〜30,000円
一般的なお付き合い
10,000円〜30,000円
お世話になった
30,000円〜
・家族で法事に出席する場合には、故人とのおつきあいの深さや会場(場所)、会食を考慮して金額を決定してください。

・ 四十九日以降、一周忌を過ぎると、故人との付き合いがある程度あった人だけが参列するようになってきますので、香典の金額も3,000円以下のような少額な人は少なくなります。会食の分を考慮して決めてください。

・ 故人の孫、ひ孫といった立場の場合などは、他の親族と相談して金額を揃えても良いでしょう。一人当りの金額が少額の場合には、香典ののし袋の下段を「孫一同」「曾孫(ひまご)一同」とし、まとめた形でお供えすることもあります。

香典の出し方
項目 出し方の内容とポイント
◆香典は相手の方に向きを変えて出す
  香典の入ったのし袋を持参する
・香典が入ったのし袋は、袱紗(ふくさ)に包んで持参するのが正式なマナーです。ふくさがない場合は黒・白・グレーなどの地味な色のハンカチで代用してください。
ポケットタイプの袱紗も市販されています(四角い形状ではなく、長財布みたいな形になっており、香典を包む手間が要らないものです)。

★ふくさの使い方
1)右の画像のように、上下を角にした状態で袱紗を置き、その中央に香典袋を置きます。ふくさによっては、留め具がついたものがありますが、留め具は左側にくるようにします。
2)右、下、上、左の順にたたみます。
3)受付では、ふくさから香典を出し、のし袋の向きを変えて、相手から文字が読める向きにしてお渡しします。

[香典を出すときの、一言挨拶の例]
◎「このたびはご丁寧なご案内を頂きありがとうございました。本日は私も皆様とともに故人を偲びたいと存じます。これは心ばかりですがどうぞお供え下さい。」 など。
1)中央に香典を置く

2)右、下、上、左の順に畳む
■6.法事・法要の流れ・進行
 それでは、法事・法要の全体の流れをご説明します。
但し、全体の流れは「こうしなくてはならない」という決まりはありません。お寺に依頼すると、進行も相談に乗ってくれます。予約の際に「全体の流れはこんな感じでよいでしょうか?」 と確認しておくと安心です。以下のようなケースがあります。
法事・法要をおこない、そのあと会食(お齋=おとき)
▲ページTOPへ 
仏教の法事・法要の流れ(進行)
法事・法要の流れには決まりはありませんが、代表的な例をご紹介いたします。
自宅での法要の際に、参考になさってください。
寺で行う場合には、僧侶の方からその都度指示があります。
項目  法要の仕方、仏式の作法など
1.席を準備する ・仏壇の前に僧侶の席を用意しておきます。

・仏壇中央の僧侶のすぐ後ろには施主が座ります。

・遺族は故人との血縁の濃い人が仏壇に近い席(前の方の席)に着席します。
・一般参列者は遺族の後方に席をとります。 到着した人から遺族の後ろに詰めて着席していただくとスムーズに案内できます。
2.僧侶を仏壇の前に案内する ・僧侶が到着したら、仏壇前の正面 中央に案内します。
3.施主の挨拶 ・最初に施主がごく簡単に挨拶をします。

[施主挨拶の例]
「本日はお忙しい中をお集まり頂きましてありがとうございます。それではこれより○○○○(戒名)の□□忌の法要を始めさせて頂きます。
(僧侶の方を向いて) それではよろしくお願いします。」
などです。

施主の挨拶で、 ○○○○の部分は戒名を告げるのが本来の作法なのですが、(個人的には)ご自宅で内輪の法要をされる場合、戒名ではなく故人の氏名の方が心にしっくりくるのであればそれでも良いのでは無いかと思います。もし心配でしたらお寺に確認してみてください。
4.読経 僧侶による読経が始まります。
5.焼香 読経が始まってひと呼吸した頃から施主から順番に、焼香をします。
前の方に着席している人から焼香をしていきます。
6.法話 読経が終わると、和尚様による法話があります。
7.僧侶退場 法話が終わると法要のほうも一段落です。
会食が無い場合は僧侶はこれでお帰りになります。

僧侶にはお礼をお渡ししなくてはなりませんが、僧侶が法要のあとのお食事(お齋=おとき)に同席して下さる場合には、この時点での退場はありません。お斎の後でお礼をお渡しします。

もし、僧侶がお斎での接待を辞退されたら、お布施、お車代、御膳料の3つを包みます。
お食事に同席される場合は、お布施、お車代の2つをお渡しします。

直接手渡しするのではなく、小さなお盆に載せて僧侶の方に向けて差し出します。
[お布施について]
・法要が終わり、僧侶が帰られる際にはお礼としてお布施をお渡しします。
(※) 僧侶が会食を辞退されたら、お車代、御膳料も一緒にお渡しします。
(※)僧侶が会食に同席して下さる場合には、会食の後に締めくくりとして施主の挨拶を済ませてから「お布施」「お車代」をお渡しします)。

・ お布施は直接手渡すのではなく、小さなお盆に載せて用意します。お盆は、切手盆などが体裁が良いのですが無ければ小さなお盆に載せ、文字の正面 を僧侶の方に向けて差し出します。

[僧侶にお布施をお渡しするときの、一言挨拶の例]
例)僧侶が会食を辞退してお帰りになる場合
「本日は、お心のこもったおつとめをして頂きましてありがとうございました。些少ではございますが、これはお礼でございます。どうぞお納め下さい。どうか今後とも宜しくお願い申し上げます。」

例)僧侶も会食に同席された場合)
「本日は、お心のこもったお勤めをして頂きましてありがとうございました。またお忙しい中を最後までお付き合い頂きありがとうございました。些少ではございますが、これはお礼でございます。どうぞお納め下さい。どうか今後とも宜しくお願い申し上げます。」など。
8.施主の挨拶

施主の挨拶のあと、会食(御斎)になります。施主が行う法要挨拶を、下記にて紹介しています。

[施主の挨拶の例(例えば四十九日の場合)]
「本日はお忙しい中をお集り頂きましてありがとうございました。おかげさまで無事に満中陰を迎える
ことができ、母も安心していることと思います。
これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
粗宴ではございますが、別室にてお膳をご用意いたしました。お時間の許す限り、どうぞごゆっくりなさっていってください。本日はまことにありがとうございました。

※満中陰=四十九日のこと

9.その他
(墓参り)
四十九日には、法要の墓参りをすることもあります。
卒塔婆供養をする場合には事前に寺に確認をしておいてください。
墓地が遠い場合には省略されます。
なお、浄土真宗では卒塔婆は用いません。

■7.神道・神式の法事・法要

 神道では、仏教でいう位牌を「霊璽(れいじ)」「霊代(たましろ)」と言います。また仏壇にあたるものは「粗霊舎」「御霊舎」と言います。
 
全体の流れは「こうしなくてはならない」という決まりはありません。神社に霊祭を依頼すると、進行も相談に乗ってくれます。予約の際に「全体の流れはこんな感じでよいでしょうか?」 と確認しておくと安心です。

 仏教の法要において、儀式のあとの会食をお齋(おとき)と呼びますが、神道の場合は直会(なおらい)とい言います。

▲ページTOPへ 
神道の霊祭(法要)
項目  法要の仕方、仏式の作法など
1.五十日祭 忌明けとなる五十日祭までの間、自宅の神棚には白い布をかけたり白い半紙をかけたりして神棚へのお供えや参拝はお休みします。また、正月の参拝も門松、しめ飾りもお休みします。
 五十日祭を終えると、白半紙や白い布を神棚からはずして、御霊舎に御霊をまつります。このように神棚に貼った半紙や布剥がすことを清祓いと言います。

・五十日祭では神職を呼び、自宅や霊前、墓前、斎場において儀式を行ないます。祝詞奏上(のりとそうじょう)のあと、玉 串奉奠(たまぐしほうてん)を行ない、神饌を頂く「直会(なおらい)」があります。

・仏教における仏壇にあたるものは御霊舎(または粗霊舎)と言います。御霊舎に、新しい霊代(たましろ)を加えて祖先の霊と一緒にまつることを合祀と言います。合祀祭を五十日祭に合わせて行なうこともあります。

・この日に納骨を行なうケースも増えています。
 
2.一年祭 一年祭では神職を呼び、自宅や霊前、墓前、斎場において儀式を行ないます。奏楽隊も迎えて盛大に行なうことが多い重要な儀式です。自宅だけでなく斎場を借りて行なうことが増えてきています。

・祝詞奏上(のりとそうじょう)のあと、玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行ない、神饌を頂く「直会(なおらい)」があります。



HOME通夜葬儀TOP電報文例About us
(c) 2009-2014 best-manner.com All rights reserved.
無断転載を禁止します