香典のマナー

■ 香典とは
香典とは、故人に対する供養の気持ちを表わすものであり、線香や花の代わりとして法事・法要の際に持参します。法事の場合、年を経るごとに、次第に遺族による追悼が中心となっていき、遺族以外の参列者は特に故人と親しかった人やお世話になった人のみとなります。このページでは法事・法要の際の香典の書き方やマナーなどについてご説明いたします。
………このページの内容………
▼1. 香典とは? 香典はいつ持参するの?
▼2. 香典袋の書き方 香典の表書きとのし袋
▼3. 中袋・中包みの書き方
▼4. お金の入れ方 お金の包み方
▼5. 香典の金額の相場とめやす
▼6. 受付でのマナーと香典の出し方
※ 一周忌法要の流れとマナーは別ページへ>>>

1.香典とは? 香典はいつ持参するの?

 香典とは、故人に対する供養の気持ちを表わすものであり、線香や花の代わりとして遺族に現金を手渡します。仏教だけでなく、神道、キリスト教においても香典に該当するものがありますが、宗教によって熨斗袋に書く表書きが異なりますので、参列する時には必ず宗教を確認するようにします。

(1)香典とは
  ・香典とは故人に対する供養の気持ちを表わし、故人の冥福を祈り供養をするために捧げるものです。本来は花や線香なども供物として備えられますが、現代では香典という名称を使う場合には主として現金をさします。
香典の他に、香料とも言われます。
(2)通夜・葬儀の香典
  香典を持参する時期
・香典は通夜または葬儀のいずれかに持参します。[詳細はこちら

・通夜・葬儀のときと、法要とではのし袋の表書きが異なりますので注意してください。
(3)法要の香典
  香典を持参する時期
・初七日をはじめとし、四十九日までの間、法要は七日ごとにあります。また、その後も、百箇日、一周忌、三回忌…と続きます。
香典を持参するのは、主な法要のみで、他は遺族による焼香やお供えが行われます。

・主な法要

主な法事・法要の名称と日数の数え方

法要の名前 時期
追善法要
初七日
(しょなぬか)
・初七日は、本来は亡くなってから7日目に行われるのですが、最近は遺族や知人の日程に配慮し、葬儀当日に、火葬場から戻ってきてから遺骨を迎える儀式(還骨勤行=かんこつごんぎょう)と合わせて行われることが多いようです。
四十九日
(しじゆうくにち)
49日目
追悼法要
初盆・新盆
(はつぼん)
( にいぼん)
(死後の日数とは関係なく)初盆の法要は、四十九日を過ぎてから初めてのお盆に行います。四十九日よりも前にお盆が来た場合には、翌年に初盆の法要を行います。
お盆の時期は地域によって異なりますが、旧暦のお盆なら7月。一般的には8月の13日〜16日です。
年忌法要
一周忌
(いっしゅうき)
満1年目
三回忌
(さんかいき)
満2年目
七回忌
(ななかいき)
満6年目
この間、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌といった具合に、年忌法要があります。遺族のみで行われます。
三十三回忌
(さんじゅうさんかいき)
満32年目

スポンサードリンク

2.香典袋の書き方 香典の表書きとのし袋

香典袋の書き方は宗教によって異なります。必ず喪家(喪主)の宗教にあった表書きの香典を持参します。
下記に書き方の見本をご紹介しますので、香典用ののし袋を買い求める際(のし袋の選び方)の参考になさってください。

また、もし通夜や葬儀に出席できず郵送で送る場合は弔電を打ち現金書留で香典を送ります。香典の送り方については別 ページでご説明しておりますのでご参照ください。
 ※別ページ…[香典の郵送のしかた

A.仏教の場合の香典の書き方
(1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本
・通夜・葬儀のときと、法要とではのし袋の表書きが異なりますので注意してください[詳細はこちら]。
(2)法要の香典袋の書き方
法事の香典 香典の書き方

[表書き]
・仏教の場合の熨斗の表書きは「御仏前」「御佛前」「御香料」などです。
「御仏前」という表書きは四十九日以降に使用される表書きで、仏教以外には用いません。

[のし袋の選び方と水引き]
・黄白、双銀または黒白の水引き
・結び切り(左の画像見本のように、堅く結んで切ったシンプルなもの)またはあわじ結び(あわび結びとも言います。
結び目の形は上記(1)の御霊前の見本画像で紹介しています)
・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用です。

[墨]
・薄墨で書くのは四十九日までとされており、最近は四十九日以降の法事法要では黒い墨を用いるようです。
※薄墨には、訃報に接して悲しみの涙で墨が薄くなったという意味があるようです。

[名前]
・会葬者の氏名をフルネームで書きます。会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[B.香典の名前の書き方
直接手渡しでお届け
送料無料
当日配達も可能
B.香典の下段 名前の部分の書き方
(2)法事・法要の香典袋の書き方と見本
●個人で香典を出す
▼仏教の場合、通夜、葬儀、初七日の法事法要は
「御霊前」「音香料」「御香奠」(墨は薄墨)、
・中央に会葬者の氏名をフルネームで書きます。

▼四十九日以降の法事・法要は「御仏前」「音香料」「御香奠」(墨は濃い墨)です。
・中央に会葬者の氏名をフルネームで書きます。

※1)但し、浄土真宗では四十九日前でも「御霊前」は使いません。
浄土真宗では四十九日前でも「御仏前」を使うか、または「御香料」「御香奠」となります。

※2)「御香奠」は「香奠」の丁寧語として「御」がついたものです。「奠」という字には供え物という意味があります。
●夫婦で法事に出席する ●二人で香典を出す(数人が連名で出す)
夫の氏名だけでも良いのですが、夫婦とも故人にお世話になった場合などは、中央に夫の氏名を書き、左に妻の名を添えます。
二名の時は中央に二人の氏名を書きます。

三名の場合は中心に一名の氏名を書き、その左右両側に一名ずつ書きます。

人数が4名以上になる場合には代表者名を中央に書き「他5名」などと左下に書き添えても良いでしょう。
職場などで連名で香典を出す場合は、社名を一番右に書いたあと、役職が上の人が一番右になります。
●会社名義で香典を出す ●部署やグループ名で香典を出す
社員本人や、取引先の法要に会社として香典を出すことがあります。
会社で香典を出す場合には、社名ではなく代表者の氏名を書きます。

左の見本画像のように、中央に社長の氏名が来るように、その右側に書く会社名の配置を決めます。
職場の部署で香典を出すなど、人数が多い場合には左の見本画像のように○○一同などと書きます。中央にグループ名が来るように、右側に書く社名の配置を考えて書きます。

中に紙を入れ、香典を出した人の氏名と金額、住所、連絡先を書き添えると遺族の側でもお礼状やお返しの手配の際に困りません。
同僚たちで香典をまとめる場合、トータルの金額は端数がないようにします。
(□万円、□千円はOK。□万□千円、□万□千□百円などはNG。また、4、9などの数字は死、苦を連想させるため好ましくありません。)

スポンサードリンク

C.キリスト教の場合の香典の書き方
(1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本
・キリスト教の場合の熨斗の表書きについては、[通夜・葬儀の香典]へ
(2)追悼ミサ、記念ミサなどの香典袋の書き方
法要の香典 香典袋の書き方
・キリスト教でも、法事に該当する儀式があります。
カトリックでは、一ヶ月目に「追悼ミサ」一年目に「記念ミサ」など。
プロテスタントでは、一ヶ月目に「昇天記念日」など。

[表書き]
「御花料」(プロテスタント)
「御ミサ料」(カトリック)などです。

[のし袋の選び方と水引き]
・十字架の絵が付いたものまたは白い封筒もしくは不祝儀用の熨斗袋。
・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使わないように注意してください。

[墨]
・キリスト教では忌明けという考え方がないため、墨の色に関する細かいしきたりや作法がありません。一ケ月目の追悼ミサ以降は黒い墨でも良いでしょう。

[名前]
・会葬者の氏名をフルネームで書きます。会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[B.香典の名前の書き方
D.神教(神式)の場合の香典の書き方
(1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本
・神式(神教)の場合の熨斗の表書きについては、[通夜・葬儀の香典]へ
(2)霊祭、式年祭などの香典袋の書き方
法要の香典 香典袋の書き方
・神式でも、法事に該当する儀式があります。
主なものは「十日祭」「五十日祭」「百日祭」など。
一年目からは式年祭と呼ばれる儀式があり、「一年祭」「三年祭」…など神職を招いたりして霊祭が行われます。

・神式(神教)の場合の熨斗の表書きは
「御玉串料」「御榊料」「御神饌料」などです。
「御霊前」という表書きは宗教を問わずに使えるとされていますが、蓮の絵が付いているものだけは、仏教専用の熨斗袋なので、神式の葬儀には用いないように注意してください。

[のし袋の選び方と水引き]
・不祝儀用の熨斗袋。
・もし水引きのあるものを使う場合には黒白または双銀の水引き
・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとも言います)
・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使えません。

[墨]
・霊祭、式年祭については墨の色に関する細かい規定・作法がありません。薄墨も使われますが、五十日祭以降は黒い墨でも良いでしょう。

[名前]
・会葬者の氏名をフルネームで書きます。会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[B.香典の名前の書き方

スポンサードリンク

3.中袋・中包みの書き方

 香典袋には、中袋または中包みと呼ばれる袋が入っています。
中袋(または中包み)には、中に入れたお金の金額を書き、会葬者の住所氏名などを書きます。 市販されているものの中には、「金額を書く欄」「住所氏名そ書く欄」が決められているものもあるようです。

香典の中袋・中包みの書き方
項目

説明

筆記用具
  ・筆を使うのが正式な作法ですが、筆ペンや、ペンでも良いでしょう。黒インクのものを用います。薄墨でなく黒で書きます。
中に入れる金額
  ・死や苦を連想させる数字として(四、九)がつく金額は避けるのが一般的です。少額の場合は連名で香典を出すなどして、
3千円、5千円、1万円、2万円、3万円、5万円、10万円、20万円、30万円など、キリの良い金額にします。

・香典の金額の相場については、このページの別項「香典の金額の相場とめやす」にて
香典の金額の書き方
  香典の中包み(または中袋)に金額にを書く場合、難しい漢字を使うのが慣例です。

「一」「二」などの文字は後で線を書き加えるだけで簡単に数字の改ざんができてしまうため、数字の改ざんができないようにという考え方からきています。

なお、最近では金額を書く欄が横書き用で、アラビア数字で書く場合もあるようです。
(例:金30,000円也)
数字 香典に書く時の漢字
七(ごくまれに漆)
10
100
1000 仟または阡
10000
その他 円を圓と書くことも
中袋の書き方
  ・香典の中袋の書き方です。下記のサンプル画像をご覧ください。
金額については、中袋(中包み)の表面に書くという説と、裏面に書くという説があります。
市販の熨斗袋の中には、金額を記入する欄が決まっているものがあります。
・香典の金額の相場については、このページの別項「香典の金額の相場とめやす」にて

4.お金の入れ方 お金の包み方

香典袋にお金を入れる時の入れ方についてご説明いたします。

香典(お金の入れ方)
項目 説明
1.お札の向きを揃える
  お札を入れる場合、顔のある方をが見えないように裏向きにするという説もありますが、気にしなくても良いという説もあります。
二枚以上のお札を入れる時には、お金の向きだけは揃えて入れるようにしてください。
2.新札は用いない
  不祝儀には新札は用いない方が良いとされています(地域によってマナーが異なりますがやはり新札は用いない方が無難です。どうしても新札しか手持ちがない場合には、一旦二つに折ってから袋に入れてください)。

逆に汚れたお札、破れたお札、シワだらけのお札も失礼にあたりますので注意して下さい。
3.お金を中袋に入れたら、外包みで包む
  中袋に現金を入れたら、外包みで包みます。手順は下記のとおりです。

(1)外包みを開きます。内面が表にでている状態で、中央に中包みを置きます。このとき、背面が表にでている状態(うつ伏せの状態)にします。

(2)左、右の順で外包みをかぶせ、下、上の順で包み終えます。最終的には上側が、右の画像のように被いかぶさっている形となります。水引きの中に元通りになるように入れて完成です。

(後ろから見た状態のイラスト→)
↓ メッセージカードを添えられます ↓

5.法事の香典の金額 相場とめやす

香典として包む金額は、故人とのおつき合いの深さによって変わってきます。通 常、故人にお世話になった場合以外に、故人の遺族とおつきあいがある場合にもお悔やみの気持ちを込めて香典を包みます。
 職場などで、同僚と連名で香典を出す場合には、表書きの書き方にもポイントがあります。詳しくは、このページの「名前の部分の書き方」へ

法事の香典の金額
・法事・法要には、遺族以外は故人とゆかりの深い人や大変にお世話になった人だけが参列します。
回を重ねるごとに儀式もシンプルになっていきますので、金額も調整してください。

・法事では引き出物が出ますのでその分を見越した金額を包みます。また、法事のあとの会食(お齋) に出席する場合には、少し余分に金額を包むと良いでしょう。
※下記は香典の予算の一般的な例です。年齢やおつきあいの深さによっても変わってまいります。また、自宅での法要とホテルなどでの法要とでは相場も変わってくるようです。

法要の香典の金額のめやす
故人や遺族とのお付き合いの深さや出席する人の年齢によって異なりますが、一万円くらいが目安となります。夫婦で出席する場合には、2〜3万円を目安にしてください。

法事・法要の香典の相場(金額の相場)

故人との関係 法要のみの場合 法要の後で会食あり
1.故人と血縁関係がある場合 10,000円〜30,000円 20,000円〜50,000円
※夫婦で出席する場合
20,000円〜50,000円
※夫婦で出席する場合
30,000円〜
2.故人と血縁関係がない知人・友人 一般的なお付き合い
5,000円〜10,000円
お世話になった
10,000円〜30,000円
一般的なお付き合い
10,000円〜30,000円
お世話になった
30,000円〜
・家族で法事に出席する場合には、故人とのおつきあいの深さや会場(場所)、会食があるかどうか(お斎=おとき。法事・法要の際に、僧侶による読経、焼香のあとで料理が供され、故人を偲びながら一同で食事をする)を考慮して金額を決定してください。ホテルなどで行われる場合には、自宅での場合よりも会場・料理を考慮して若干多めに包むのがマナーです。

・ 故人の孫、ひ孫といった立場の場合などは、他の親族と相談して金額を揃えても良いでしょう。一人当りの金額が少額の場合には、香典ののし袋の下段を「孫一同」「曾孫(ひまご)一同」とし、まとめた形でお供えすることもあります。

6.受付でのマナーと香典の出し方

香典を持参する時、本来はふくさ(袱紗)に包んで持参するのが正式なマナーです。ふくさの使い方について下記にご紹介します。
 さらに、受付での挨拶のしかた(挨拶文例)、記帳のしかたなどについてもご説明します。

※下記は、仏教におけるマナーです。キリスト教の場合や神式(神道)の場合は異なりますのでご注意下さい。

香典をふくさで包む(ふくさの使い方、包み方)
・香典が入ったのし袋は、袱紗(ふくさ)に包んで持参するのが正式なマナーです。ふくさがない場合は黒・白・グレーなどの地味な色のハンカチで代用してください。
ポケットタイプや、袋状の袱紗も市販されています(四角い形状ではなく、長財布みたいな形になっており、香典を包む手間が要らないものです)。簡易版とも言えますが薄手のものを選ぶとバッグにも収まりやすく、男性の上着の内ポケットなどにも入れやすいようです。

★ふくさの使い方
1)右の画像のように、上下を角にした状態で袱紗を置き、その中央に香典袋を置きます。ふくさによっては、留め具がついたものがありますが、留め具は左側にくるようにします。
2)右、下、上、左の順にたたみます。
3)受付では、ふくさから香典を出し、のし袋の向きを変えて、相手から文字が読める向きにしてお渡しします。
1)中央に香典を置く

2)右、下、上、左の順に畳む
香典の出し方
1.お悔やみの言葉を述べる
受付でのお悔やみの言葉の例
[参列者が述べる挨拶の例]
◎「このたびはご丁寧なご案内を頂きありがとうございました。」
◎「このたびはご丁寧なご案内を頂きありがとうございました。皆様とご一緒に故人を偲びたいと思って参りました。」 など。

[香典を出すときの、一言挨拶の例]
◎「このたびはご丁寧なご案内を頂きありがとうございました。皆様と一緒に故人を偲びたいと思います。」
◎「このたびはご丁寧なご案内を頂きありがとうございました。本日は私も皆様とともに故人を偲びたいと存じます。」 など。

※法事では、大規模な法要でない限り遺族が受付係をするケースが大半です。自宅などで行う場合には受付係がないものもあります。相手の気持ちを考えて挨拶にも心配りを忘れずに。

※ご自宅での小規模な法要であっても、勝手に仏壇に自分が持参した香典をお供えするのはマナー違反です。必ずご遺族にお渡しします。
2.受付係の指示に従って記帳をする
・受付係がお礼の言葉を述べた後、こちらに記帳をお願いしますと指示をしてくれますので、指示に従って記帳をします。
ゆっくりでも構いませんので、丁寧に住所、氏名(フルネーム)を書きます。

※法事では、大規模な法要でない限り遺族が受付係をするケースが大半です。
自宅などで行う小さな法要の場合には受付係がないものもあります。

※お盆、初盆、新盆には、お寺で合同で法要を行うことがあります。こうした場合、受付係はお寺の人(もしくは関係者等)が行います。
3.香典を渡す
・記帳を済ませてから、香典を渡します。

・香典をふくさから取り出し、受付係の人から見て名前が読めるように向きを変え、両手で香典を持ちます。
「どうぞご仏前にお供え下さい」などと一言添え、一礼しながら手渡します。
受付係はお礼を述べて香典を受け取ります。
4.一礼をし、案内に従って会場または控え室へ
・受付係から、「こちらへお進み下さい」「あちらの入り口からお入り下さい」などの指示がありますので、案内に従って進みます。受付を去る時には必ず一礼をしてください。
その他の情報
・ふくさがない時は?

・ふくさがない場合には、ハンカチなどで代用します。ハンカチは派手なものや柄物はさけ、黒、白の無地または地味なものを使います。

・受付の順番は会場に寄って異なる(香典を渡す→記帳する、の場合も)
・ 会場によっては、受付の順番が上記とは異なる場合もあります。困った時には受け付け係の指示に従うのが一番ですが、前の人の様子を良く観察しておくのも大切です。
[順番が異なる場合の例]
1.受付で挨拶をする。
2.香典を渡す
3.記帳をする
4.一礼をし、受付を終える
香典と言えば…
下記は別ページに記載
法事の服装
一周忌 施主の挨拶