通夜・葬儀の香典

■ 香典とは
香典とは、故人に対する供養の気持ちを表わすものであり、線香や花の代わりとして通夜や葬儀の際に持参します。もともとは香典には葬儀という突然の出費に対してお互いに助け合う意味もあると言います。このページでは通夜・葬儀の際の香典の書き方やマナーなどについてご説明いたします。
………このページの内容………
▼1. 香典とは? 香典はいつ持参するの?
▼2. お通夜・葬儀の際の香典袋の書き方 香典の表書きとのし袋
▼3. 中袋・中包みの書き方
▼4. お金の入れ方 お金の包み方
▼5. 香典の金額の相場とめやす
▼6. 受付でのマナーと香典の出し方
▼7. お返し・香典返しののし

1.香典とは? 香典はいつ持参するの?

香典とは、故人に対する供養の気持ちを表わすものであり、線香や花の代わりとして通夜や葬儀の際に持参します。もともとは香典には葬儀という突然の出費に対してお互いに助け合う意味もあると言います。仏教だけでなく、神道、キリスト教においても香典に該当するものがありますが、宗教によって熨斗袋に書く表書きが異なりますので、訃報の連絡を受けた時には必ず宗教を確認するようにします。

(1)香典とは
・香典とは故人に対する供養の気持ちを表わし、故人の冥福を祈り供養をするために捧げるものです。本来は花や線香なども供物として備えられますが、現代では香典という名称を使う場合には主として現金をさします。
香典の他に、香料とも言われます。
(2)通夜・葬儀の香典
香典を持参する時期
  ・香典は通夜または葬儀のいずれかに持参します。

・通夜と葬儀の両方に出席する場合には、香典はどちらの時に出しても構わないのですが、もし通夜の時に受付で香典を渡した場合には、葬儀の際は記帳だけとなります。
  また、通夜に急いで駆けつけたというような場合には香典を持参しないで受付では記帳だけをし、葬儀の時に改めて香典を持参します。

・通夜・葬儀のときと、法要とではのし袋の表書きが異なりますので注意してください。
のし袋の表書きの書き方については、このすぐ下の次項2で述べます。
(3)法事・法要の香典
香典を持参する時期
  ・初七日をはじめとし、四十九日までの間、法要は七日ごとにあります。また、その後も、百箇日、一周忌、三回忌…と続きます。
香典を持参するのは、主な法要のみで、他は遺族による焼香やお供えが行われます。

※詳細はこちら[法事・法要の香典]

スポンサードリンク

2.香典袋の書き方 香典の表書きとのし袋

香典袋の書き方は宗教によって異なります。必ず喪家(喪主)の宗教にあった表書きの香典を持参します。
下記に書き方の見本をご紹介しますので、香典用ののし袋を買い求める際(のし袋の選び方)の参考になさってください。

また、もし通夜や葬儀に出席できず郵送で送る場合は弔電を打ち現金書留で香典を送ります。香典の送り方については別ページでご説明しておりますのでご参照ください。

※別ページ…[香典の郵送のしかた

A.仏教の場合の香典の書き方
(1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本
通夜・葬儀の香典 香典の書き方と のし袋の種類

[表書き]
・仏教の場合の熨斗の表書きは「御霊前」「御香料」などです。表書きが印刷されているものを使っても失礼にはあたりません。
中でも最も一般的なのは「御霊前」で、この表書きは通夜・葬儀だけでなく四十九日(忌明け)より前の法要でも用いられます。

[のし袋の選び方と水引き]
・黒白または双銀の水引き
・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとは、左の見本画像のように、結び切りよりも結び目が豪華でアワビのような形になったもの。あわび結びとも言います)
・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用です。

[墨]
・薄墨を用います。薄墨は悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを表わすとされています。

[名前]
・会葬者の氏名をフルネームで書きます。
・社員本人、社員の家族、あるいは取引先の社員にご不幸があった場合、会社として香典を出すことがあります。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[B.香典の名前の書き方
香典袋に関するその他の情報
・のし袋を選ぶ時には、中に入れる金額にふさわしい袋を選ぶようにします。香典を数千円しか入れないのに、袋ばかりが立派では受け取り手も違和感がありますし、逆に高額の香典を包む時には、袋もそれなりに立派なものにします。

・会社の社葬などの規模の大きな葬儀の場合、葬儀の会計係等についても会社から手伝いの人が出て、香典袋から中身を出して金額をチェックしたりすることがあります。市販ののし袋のなかには、表書きの文字の部分が短冊風の紙になっているものもありますが、香典確認作業の中で贈り主がわからなくなることのないよう、短冊のような紙札はのし袋に糊貼しておくと安心です。こうした短冊のタイプの紙札を使っても失礼にはあたりませんが、下段の参列者の氏名は忘れずに書くようにします。
B.香典の下段 名前の部分の書き方
(1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本
●個人で香典を出す
・御霊前という表書きは、仏教だけでなく宗教がわからない時に使えます。
・仏教の場合、通夜、葬儀、初七日は「御霊前」(墨は薄墨)、四十九日以降の法事・法要は「御仏前」です。

・中央に会葬者の氏名をフルネームで書きます。

・夫の出張中に妻が代理で会葬する場合には、夫の氏名の左下に小さく「内」と書きます。受付の会葬者名簿にも同じように夫の氏名の左下に小さく「内」と書きます。
●夫婦で会葬する ●二人で香典を出す(数人が連名で出す)
夫の氏名だけでも良いのですが、夫婦とも故人にお世話になった場合などは、中央に夫の氏名を書き、左に妻の名を添えます。
二名の時は中央に二人の氏名を書きます。

三名の場合は中心に一名の氏名を書き、その左右両側に一名ずつ書きます。
人数が4名以上になる場合には代表者名を中央に書き「他5名」などと左下に書き添えても良いでしょう。

職場などで連名で香典を出す場合は、社名を一番右に書いたあと、役職が上の人が一番右になります。
●会社名義で香典を出す ●部署やグループ名で香典を出す
社員本人、社員の家族、あるいは取引先にご不幸があった場合には、会社として香典を出すことがあります。
会社で香典を出す場合には、社名ではなく代表者の氏名を書きます。
この見本画像のように、中央に社長の氏名が来るように、その右側に書く会社名の配置を決めます。

・会社などにおいて部下が代理で会葬する場合には、上司の氏名の左下に小さく「代」と書きます。受付の会葬者名簿にも同じように上司の氏名の左下に小さく「代」と書きます。

・上司の代理で会葬する場合、上司の名刺を預かって行きます。受付では上司の名刺の右上に「弔」と書き、縦書きの名刺の場合は左端、横書きの場合は下端に「上司の代わりに会葬させて頂きます。佐藤一夫」と会葬した人の氏名を書いて受付に渡します。
職場の部署で同僚たちが香典を出すなど、人数が多い場合には左の見本画像のように○○一同などと書きます。中央にグループ名が来るように右側に書く社名の配置を考えて書きます。
中に紙を入れ、香典を出した人の氏名と金額、住所、連絡先を書き添えると遺族の側でもお礼状やお返しの手配の際に困りません。

同僚たちで香典をまとめる場合、トータルの金額は端数がないようにします。
(□万円、□千円はOK。□万□千円はNG。また、4、9などの数字は死、苦を連想させるため好ましくありません。)

・(これは必須ではないのですが)部署名で香典を出す場合、代表者のみが会葬するのであれば、できれば受付では名刺の右上に「弔」と書き、縦書きの名刺の場合は左端、横書きの場合は下端に「○○部を代表して会葬させて頂きました」と書いて受付に渡すと丁寧ですし、遺族も香典返しなどの手配の際に宛先がわかりやすくなります。

スポンサードリンク

C.キリスト教の場合の香典の書き方
通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本
通夜・葬儀の香典 香典の書き方 のし袋の種類

 

[表書き]
・キリスト教の場合の熨斗の表書きは
「御花料」(プロテスタント)
「 御ミサ料」(カトリック)などです。
「御霊前」という表書きは宗教を問わずに使えるとされていますが、蓮の絵が付いているものだけは、仏教専用の熨斗袋なので、キリスト教式の葬儀には用いないように注意してください。

[のし袋の選び方と水引き]
・十字架の絵が付いたものまたはまたは白い封筒もしくは不祝儀用の熨斗袋。
・もし水引きのあるものを使う場合には黒白または双銀の水引き
・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとも言います)
・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使えません。

[墨]
・薄墨を用います。悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを表わすとされています。

[名前]
・会葬者の氏名をフルネームで書きます。会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[B.香典の名前の書き方
D.神教(神式)の場合の香典の書き方
(1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本
通夜・葬儀の香典 香典の書き方と のし袋の種類
 
[表書き]
・神式(神教)の場合の熨斗の表書きは
「御玉串料」「御榊料」「御神饌料」などです。
「御霊前」という表書きは宗教を問わずに使えるとされていますが、蓮の絵が付いているものだけは、仏教専用の熨斗袋なので、神式の葬儀には用いないように注意してください。

[のし袋の選び方と水引き]
・不祝儀用の熨斗袋。
・もし水引きのあるものを使う場合には黒白または双銀の水引き
・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとも言います)
・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使えません。

[墨]
・薄墨を用います。薄墨は悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを表わすとされています。

[名前]
・会葬者の氏名をフルネームで書きます。会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[B.香典の名前の書き方
直接手渡しでお届け
送料無料
当日配達も可能

3.中袋・中包みの書き方

香典袋には、中袋または中包みと呼ばれる袋が入っています。
中袋(または中包み)には、中に入れたお金の金額を書き、会葬者の住所氏名などを書きます。 市販されているものの中には、「金額を書く欄」「住所氏名そ書く欄」が決められているものもあるようです。

香典の中袋・中包みの書き方
項目

説明

筆記用具
  ・筆を使うのが正式な作法ですが、筆ペンや、ペンでも良いでしょう。黒インクのものを用います。薄墨でなく黒で書きます。
中に入れる金額
  ・死や苦を連想させる数字として(四、九)がつく金額は避けるのが一般的です。もし少額ずつにしたい場合は連名で香典を出すなどして、
3千円、5千円、1万円、2万円、3万円、5万円、10万円、20万円、30万円など、キリの良い金額にします。

・香典の金額の相場については、このページの別項「香典の金額の相場とめやす」にて
香典の金額の書き方
 
香典の中包み(または中袋)に金額にを書く場合、難しい漢字を使うのが慣例です。
「一」「二」などの文字は後で線を書き加えるだけで簡単に数字の改ざんができてしまうため、数字の改ざんができないようにという考え方からきています。

なお、最近では金額を書く欄が横書き用で、アラビア数字で書く場合もあるようです。
(例:金30,000円也)
数字 香典に書く時の漢字
七(ごくまれに漆)
10
100
1000 仟または阡
10000
その他 円を圓と書くことも
中袋の書き方
  ・香典の中袋の書き方です。下記のサンプル画像をご覧ください。
・金額については、中袋(中包み)の表面に書くという説と、裏面に書くという説があります。
・市販の熨斗袋の中には、金額を記入する欄が決まっているものがあります。

・会葬者が多い場合には、香典袋から中袋を出して別々にした場合の為に、中袋にも住所氏名を書くと丁寧です。※住所氏名は中袋の裏面に書くこともあります。

・香典の金額の相場については、このページの別項「香典の金額の相場とめやす」にて

スポンサードリンク

4.お金の入れ方 お金の包み方

香典袋にお金を入れる時の入れ方についてご説明いたします。

香典(お金の入れ方)
項目 説明
1.お札の向きを揃える お札を入れる場合、顔のある方が表に来ないように裏向きにするという説があります
(※ 気にしなくても良いという考え方もあります。)
お札の向きをどうするのかについて気にしないという場合でも、二枚以上のお札を入れる時には、お金の向きを揃えて入れるようにしてください。
2.新札は用いない 新札を用いると、まるでご不幸を見越して用意していたようだということから、新札は用いない方が良いとされています(地域によってマナーが異なりますがやはり新札は用いない方が無難です。どうしても新札しか手持ちがない場合には、一旦二つに折ってから袋に入れてください)。

逆に、汚れたお札、破れたお札、シワだらけのお札も失礼にあたりますので注意して下さい。
3.お金を中袋に入れたら、外包みで包む 中袋に現金を入れたら、外包みで包みます。手順は下記のとおりです。
(1)外包みを開きます。内面が表にでている状態で、中央に中包みを置きます。このとき、背面が表にでている状態にします。
(2)左、右の順で外包みをかぶせ、下、上の順で包み終えます。最終的には上側が、右の画像のように被いかぶさっている形となります。水引きの中に元通りになるように入れて完成です。

5.香典の金額の相場とめやす

 香典として包む金額は、故人とのおつき合いの深さによって変わってきます。通常、故人にお世話になった場合以外に、故人の遺族とおつきあいがある場合にもお悔やみの気持ちを込めて香典を包みます。
 職場などで、同僚と連名で香典を出す場合には、表書きの書き方にもポイントがあります。詳しくは、このページの「名前の部分の書き方」へ

通夜・葬儀の香典の金額の相場
あなたとの関係 亡くなった人

贈り手のあなたの年代とお香典相場

20代

30代

40代〜

勤務先の上司 本人 5,000〜10,000 5,000〜10,000 10,000〜
その家族 3,000〜5,000 3,000〜10,000 5,000〜10,000
勤務先の社員や同僚 本人 5,000 5,000〜10,000 10,000〜
その家族 3,000〜5,000 3,000〜10,000 3,000〜10,000
親しい友人 本人 5,000〜10,000 10,000〜30,000 10,000〜30,000
その家族 3,000〜5,000 3,000〜10,000 3,000〜10,000
祖父母   10,000 10,000〜30,000 30,000〜50,000
両親   30,000〜100,000 50,000〜100,000 50,000〜100,000
兄弟・姉妹   30,000〜50,000 50,000 50,000
おじ・おば   10,000 10,000〜20,000 10,000〜30,000
子供のお稽古ごとの先生や塾の講師 本人 0〜5,000 0〜5,000 0〜5,000
その家族 0〜5,000 0〜5,000 0〜5,000
知人   3,000〜5,000 3,000〜10,000 5,000〜10,000
仲人   10,000 10,000 10,000〜
隣近所   3,000〜5,000 3,000〜10,000 3,000〜10,000
会社との関係 亡くなった人 会社として出すお香典の相場
【その他】
取引先に対して会社として香典を出す場合
取引先の社長 30,000〜100,000 取引先との関係によって、金額はもっと多くなることもあります。
また、取引金額に応じて、規定を決めている会社もあります。
取引先の社員 5,000〜30,000
・同僚たちで香典をまとめる場合、トータルの金額は端数がないようにします。
(トータルの金額として、□万円、□千円はOK。□万□千円や□万□千□百円などはNG。また、4、9などの数字は死、苦を連想させるため好ましくありません。)

・マンションなどの集合住宅や社宅などでは、自治会などによって金額の取り決めがあることも。できるだけ早く年配の人に相談してみましょう。

・地方によっては隣近所とのおつき合いが希薄になっており、「全く近所づきあいがない」ということもあります。自分だけが香典を出す・或いは自分だけが香典を出さないというのもおつきあい上バランスを欠くものです。周りの人と相談して決めても良いでしょう。

・夫婦で会葬する場合、特にご夫婦で葬儀のあとの精進おとしにも出席する場合には、個人での金額よりも多めの金額を包むようにします。

スポンサードリンク

6.受付でのマナーと香典の出し方

 香典を持参する時、本来はふくさ(袱紗)に包んで持参するのが正式なマナーです。ふくさの使い方について下記にご紹介します。
 さらに、受付での挨拶のしかた(挨拶文例)、記帳のしかたなどについてもご説明します

。※下記は、仏教におけるマナーです。キリスト教の場合や神式(神道)の場合は異なりますのでご注意下さい。

香典をふくさで包む(ふくさの使い方、包み方)
・香典が入ったのし袋は、袱紗(ふくさ)に包んで持参するのが正式なマナーです。ふくさがない場合は黒・白・グレーなどの地味な色のハンカチで代用してください。

ポケットタイプや、袋状の袱紗も市販されています(四角い形状ではなく、長財布みたいな形になっており、香典を包む手間が要らないものです)。簡易版とも言えますが薄手のものを選ぶとバッグにも収まりやすく、男性の上着の内ポケットなどにも入れやすいようです。

★ふくさの使い方
1)右の画像のように、上下を角にした状態で袱紗を置き、その中央に香典袋を置きます。ふくさによっては、留め具がついたものがありますが、留め具は左側にくるようにします。
2)右、下、上、左の順にたたみます。
3)受付では、ふくさから香典を出し、のし袋の向きを変えて、相手から文字が読める向きにしてお渡しします。


※右の画像では、のし袋の表書きが薄墨なので見本の文字が見えにくいのですが、正面に文字が来るように置きます。
1)中央に香典を置く


2)右、下、上、左の順に畳む

香典の出し方
項目 内容
1.受付でお悔やみの言葉を述べる
 
受付でのお悔やみの言葉の例
[会葬者が述べる挨拶の例]
・このたびは御愁傷様でございます。
・このたびは突然のことで驚いています。どうかあまりお力を落とさないように。
・このたびはご愁傷様でございます。お世話になった故人にお別れを申し上げたくて参りました。

※遺族が受付係をするケースもあります。相手の気持ちを考えて挨拶にも心配りを忘れずに。
2.受付係の指示に従って記帳をする
  ・受付係がお礼の言葉を述べた後、こちらに記帳をお願いしますと指示をしてくれますので、指示に従って記帳をします。
ゆっくりでも構いませんので、丁寧に住所、氏名(フルネーム)を書きます。

※ 上司の代理で会葬する場合には、上司の名刺を預かって行きます。受付では上司の名刺の右上に「弔」と書き、縦書きの名刺の場合は左端、横書きの場合は下端に「上司の代わりに会葬させて頂きます。佐藤一夫」と会葬した人の氏名を書いて受付に渡します。
記帳の際は、上司の氏名を書き、左下に「代」と書きます。

※部署名で香典を出す場合、代表者のみが会葬するのであれば、できれば受付では名刺の右上に「弔」と書き、縦書きの名刺の場合は左端、横書きの場合は下端に「○○部を代表して会葬させて頂きました」と書いて受付に渡すと丁寧ですし、遺族も香典返しなどの手配の際に宛先がわかりやすくなります。連名で出す場合名前の書き方や注意点は、こちらへ[香典の名前の書き方
3.香典を渡す
  ・記帳を済ませてから、香典を渡します。

・香典をふくさから取り出し、受付係の人から見て名前が読めるように向きを変え、両手で香典を持ちます。
「どうぞご霊前にお供え下さい」などと一言添え、一礼しながら手渡します。
受付係はお礼を述べて香典を受け取ります。
4.一礼をし、案内に従って会場または控え室へ
  ・受付係から、「こちらへお進み下さい」「あちらの入り口からお入り下さい」などの指示がありますので、案内に従って進みます。受付を去る時には必ず一礼をしてください。
その他の情報
・ふくさがない場合には、ハンカチなどで代用します。ハンカチは派手なものや柄物はさけ、黒、白の無地または地味なものを使います。

・ 会場によっては、受付の順番が上記とは異なる場合もあります。困った時には受け付け係の指示に従うのが一番ですが、前の人の様子を良く観察しておくのも大切です。

[順番が異なる場合の例]
1.受付で挨拶をする。
2.香典を渡す
3.記帳をする
4.一礼をし、受付を終える

7.お返し・香典返しののし

 葬儀やお通夜に会葬して頂いた方へのお返しや香典返しののしには「志」などを用います。法事の際のお返しの表書きには「志」や「粗供養」などを用います(地域や宗教によっても異なります)。詳細は香典返しのページをご覧下さい。>>>

スポンサードリンク

香典と言えば…
下記は別ページに記載
香典の相場
香典の入れ方,包み方
神道,キリスト教の香典
香典の送り方と手紙文例
お通夜・葬儀の服装
法事の香典
一周忌 施主の挨拶