お布施と言えば…
香典 (通夜・葬儀)
香典 (法事・法要)
葬儀・法要マナー
▼通夜・葬儀・葬式
通夜のマナー
通夜・葬儀告別式
通夜,葬儀の服装 参列者
通夜,葬儀の服装 遺族
葬儀の挨拶
供花・生花・献花
通夜,葬儀・葬式の香典
キリスト教,神道の香典
香典 金額の相場
香典の入れ方,包み方
香典 送り方,お悔やみの手紙
香典返し
お布施 表書き,金額
不祝儀袋マナー
不祝儀袋の中袋,中包み
袱紗 ふくさの包み方
家族葬
家族葬の挨拶状
▼法事・法要
法事・法要の香典
お布施 表書き,金額
四十九日 儀式とマナー
四十九日 案内状・挨拶
納骨式 時期と準備
納骨式 流れと服装
初盆・新盆
初盆・新盆のお返し
盆・お盆
一周忌 儀式とマナー
一周忌 案内状・挨拶
年忌法要の挨拶
年忌法要 案内状
年忌法要 儀式とマナー
三回忌,七回忌,◯回忌法要
↓ 姉妹ページ ↓
電報文例HOME
弔電・お悔やみ電報
四十九日のマナー
■ お布施とは
 

 葬儀や法事法要の際にお寺に(僧侶に)渡す謝礼をお布施と言います。戒名を頂いたときの謝礼は戒名料(または院号料など)とされ、お布施とは分けて考えられますが、お寺にお渡しする際に戒名料も含めて「お布施」としてお渡しすることもあります
 このページでは葬儀のお布施と法事・法要のお布施ののし袋の書き方(四十九日、納骨、一周忌、三回忌ほか)、お布施の金額の相場などについてご説明いたします。

スポンサードリンク
■ 内容
  ▼1. お布施とは? 
▼2. 葬儀のお布施(お通夜、葬式・葬儀のお布施)
▼3. 法事・法要のお布施(四十九日、納骨、一周忌、三回忌ほか)
▼4. お布施の金額相場

▼5. お布施の袋の書き方と包み方

▼6. お布施の渡し方(作法と一言そえるあいさつ)
■1.お布施とは?
 葬儀や法事法要の際に、お寺に(僧侶に)渡す謝礼をお布施と言います。主に読経をはじめとする一連の儀式でお世話になった謝礼です。
 お布施を渡す機会には、以下のような例があります。
※法事と言う言葉は、現在では法要とほとんど同じ意味に遣われることが多いのですがもともとは仏教の儀式全般 をさす言葉です。
▲ページTOPへ 
お布施をお渡しする主な例
法事の名称 お渡しするお布施の内容
通夜・葬儀 ・枕経〜お通夜〜葬儀・告別式〜還骨勤行までをまとめてお布施を渡します。

・最近では、初七日までの分をまとめて「枕経〜通夜〜葬儀・告別 式〜還骨勤行〜初七日」という形でお渡しするケースも多くなっています。もし日にちを分けて初七日の法要を行なう場合には、お布施は別 途お渡しします。

※初七日の法要は、本来は亡くなってから7日目に行われるものですが、遺族や知人の日程に配慮し、葬儀当日に済ませるケースが増えています(初七日の法要を、火葬場から戻ってきてから遺骨を迎える儀式(還骨勤行=かんこつごんぎょう)と合わせて行われることが多いようです)。

※戒名をつけてもらった時にお渡しする戒名料は戒名のランクによって異なります。読経などの謝礼としてお渡しするお布施とは別 のもの ですが、お寺にお渡しする際に戒名料も含めて「お布施」としてお渡しすることもあります
還骨勤行
初七日
四十九日

・法要のうち、四十九日、一周忌、三回忌といった主な法要は僧侶を招き読経のあと一同で焼香、会食をします。謝礼としてその都度お寺にお布施をお渡しします。

一周忌
三回忌
初盆・新盆
(はつぼん)
( にいぼん)
・(死後の日数とは関係なく)初盆の法要は、四十九日を過ぎてから初めてのお盆に行います。四十九日よりも前にお盆が来た場合には、翌年に初盆の法要を行います。
お盆の時期は地域によって異なりますが、旧暦のお盆なら7月。一般 的には8月の13日〜16日です。
初盆には、僧侶を招き読経のあと一同で焼香・会食をします。お寺に謝礼としてお布施をお渡しします。
遺族だけで行なうこともある法要
百箇日、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌といった具合に、法要があります。
七回忌の頃から法要の規模は少しずつ控えめになっていきます。地方にもよりますが、一般 的に次第に僧侶を呼んで法要を行うことは減っていき、遺族だけで供養するのが一般 的ですので、「法要の謝礼」としてお寺にお布施をお渡しすることはありません(しかし普段からお寺にお参りする際にお布施をすることはあります)。
スポンサードリンク
■2.葬儀のお布施(お通夜、葬式・葬儀のお布施)
 ・枕経〜通夜〜葬儀・告別 式〜還骨勤行までをまとめてお布施を渡します。

・最近では、初七日までの分をまとめて「枕経〜通夜〜葬儀・告別 式〜還骨勤行〜初七日」という形でお渡しするケースも多くなっています。もし日にちを分けて初七日の法要を行なう場合には、お布施は別 途お渡しします。

・最初にお寺に枕経を依頼する際、または通夜の前までに戒名を依頼しておくとお通夜と葬儀に用いる白木の位牌に戒名が書き込まれたものを祭壇に飾ることができます。戒名料は名前のランクによって異なり、基本的にはお布施とは別 ですが、戒名料も合わせて「お布施」としてお渡しすることもあります。

ここでは仏教についての一連の儀式とお布施について説明します。
▲ページTOPへ 
お通夜・葬儀の際にお寺に依頼することと謝礼
項目 内容とポイント 僧侶への謝礼
▼ 仮お通夜・通夜
  枕経 ・遺体の身支度を整え、安置し、枕飾りを整えたあと(葬儀社に依頼することができます)、僧侶に枕経をあげてもらいます

・このまま布団に遺体を寝かせ遺族と近親者のみで一夜を過ごすことを仮お通夜と言いますが、現代では仮通夜のないケースが多くなっています。
もし通夜と別の日の場合には、「お車代」を渡します。

※ お布施は別途(右欄参照)
・枕経〜お通夜〜葬儀・告別式〜還骨勤行までをまとめてお布施を渡します。

・最近では、初七日までの分をまとめて「枕経〜通夜〜葬儀・告別 式〜還骨勤行〜初七日」という形でお渡しするケースも多くなっています。
納棺経 僧侶に納棺経をあげてもらい、遺体を棺におさめます。
・読経の間に故人の愛用品や故人への言葉を書いた手紙などを入れます(燃えるものに限ります)。
もし通夜と別の日の場合には、「お車代」を渡します。

※ お布施は別途(右欄参照)
通夜における読経 通夜の儀式の中で僧侶に読経をしていただきます 「お車代」をお渡しします。

もし通夜ぶるまいに僧侶が欠席する場合は「御膳料」もお渡しします。

※ お布施は別途(右欄参照)
通夜ぶるまい ・弔問客に飲食をふるまう「お通夜ぶるまい」にも僧侶をお招きします。
▼ 葬儀・告別 式
  葬儀・告別 式における読経 葬儀・告別 式の儀式の中で僧侶に読経をしていただきます 「お車代」をお渡しします。

※ お布施は一連の儀式の謝礼としてトータルで支払います(右欄参照)。
・枕経〜通夜〜葬儀・告別 式〜還骨勤行までをまとめてお布施を渡します。

・最近では、初七日までの分をまとめて「枕経〜通夜〜葬儀・告別 式〜還骨勤行〜初七日」という形でお渡しするケースも多くなっています。
▼ 火葬場
  納めの式で火葬前の読経 火葬前に僧侶に読経をしていただきます

※筆者の祖父母の時には行ないましたが、省略されることも多いようです。
※ お布施は別途(右欄参照) ・枕経〜通夜〜葬儀・告別 式〜還骨勤行までをまとめてお布施を渡します。

・最近では、初七日までの分をまとめて「枕経〜通夜〜葬儀・告別 式〜還骨勤行〜初七日」という形でお渡しするケースも多くなっています。

・特別に、火葬の際の読経だけを単独で依頼できる寺もあります。
▼ 火葬場から戻ってから
  還骨勤行 (火葬場から遺族が戻るまでに、葬儀社の人と留守番を守る人とで、遺骨を安置する場所(「後飾り=あとかざり」と言います)を用意しておきます。)

火葬場から遺骨がもどったら、還骨勤行(かんこつごんぎょう)の儀式となります。僧侶に読経と焼香をして頂き、遺族も焼香します。
※ お布施は別途(右欄参照) ・枕経〜お通夜〜葬儀・告別式〜還骨勤行までをまとめてお布施を渡します。

・最近では、初七日までの分をまとめて「枕経〜通夜〜葬儀・告別 式〜還骨勤行〜初七日」という形でお渡しするケースも多くなっています。
※初七日の法要 ・還骨勤行の後、初七日の法要も済ませてしまうことが多くなっています。  
精進おとし ・弔問客と、通夜・葬儀にお世話になった人に飲食をふるまう「精進おとし」にも僧侶をお招きします。

もし精進おとしに僧侶が欠席する場合は「御膳料」もお渡しします。

※ お布施は別途(右欄参照)

スポンサードリンク
■3.法事・法要のお布施(四十九日、納骨、一周忌、三回忌ほか)
 ・それでは仏教の法要でお渡しするお布施について説明します。
▲ページTOPへ 
お通夜・葬儀の際にお寺に依頼することと謝礼
項目 内容とポイント 僧侶への謝礼
▼ 法要
  法要における読経 四十九日、初盆、一周忌、三回忌などの法要の儀式の中で僧侶に読経をしていただきます 「お布施」のほか、法要を自宅などで行なう場合には「お車代」をお渡しします。

もし会食に僧侶が欠席する場合は「御膳料」もお渡しします。
会食(お齋=おとき) ・参列者に飲食をふるまう会食「お齋」にも僧侶をお招きします。
▼ 納骨式
  納骨式における読経 納骨の儀式の中で僧侶に読経をしていただきます

「お布施」をお渡しします。もし霊園墓地などの場所で納骨式を行なう場合には、「お車代」もお渡しします。

もし、卒塔婆供養もお願いする場合には、「卒塔婆供養料」も合わせてお渡しします。

※納骨式は四十九日の法要と合わせて行なわれることが多いようです。その場合にはお布施も合算した
形でお渡しします。

▼ 開眼供養
  開眼供養、入魂式における読経

・墓石を新しく購入したり、仏壇を新しく購入したり、葬儀で使用した白木の位 牌をお寺におさめて代わりに本位牌を購入したりしたら、お寺に依頼して開眼供養または入魂式と呼ばれる儀式を行ないます。この開眼供養・入魂式の儀式の中で僧侶に読経をしていただきます

「お布施」または「入魂御礼」をお渡しします。もし霊園墓地などの場所で儀式を行なう場合には、「お車代」もお渡しします。

※開眼供養または入魂式は、納骨式や四十九日の法要と合わせて行なわれることが多いようです。その場合にはお布施も合算した形でお渡しします。
■4.お布施の金額相場
 葬儀や法要の際のお布施の金額については、お通夜や葬儀に際し、お寺に最初に連絡した折りに、金額を確認することをおすすめします。
…とは言え、金額を提示されず「お気持ちで」と言われると いくら包めばよいか困ってしまうものですよね。一番オススメなのは葬儀社にあらかじめ尋ねることですが、参考までに一般 例をご紹介します。
▲ページTOPへ 
僧侶に渡す 「お布施」「お礼」の金額、相場について
◆通夜・葬儀の際のお布施の準備
  お通夜・葬儀の際の「お布施」の金額はどのくらいを包む?
(枕経〜通夜〜葬儀・告別式〜還骨勤行のお布施の金額の相場は)

通夜〜葬儀のお布施(御経料)の金額相場は、少なくとも20万円程度以上というのが相場のようです(お寺により異なります)。この金額は一日分ではなく、お通夜〜葬儀告別式までのすべての読経料を含みます。
但し、普段のお寺との付き合い(菩提寺として毎年寄付をしている等など、事情により金額が変わります)や、地域により金額が異なります。
また、上限はありませんので、故人がお世話になったりお寺との親交が深かったりなどの理由で多くお渡しすることもあります。
一般的なお布施の金額の目安ですが、心配な場合には予約をする際にお寺に料金を確認してください。

・最近は戒名料も含めた形でお布施を支払うこともあります。お寺にお渡しする際に「おかげさまで無事に葬儀が済みました。ありがとうございました。これはお礼でございます。戒名料も含みます」と申し添えるとわかりやすいと思います。
戒名料を加えてお渡しする場合には、下記のようになります。戒名料は、名前のランクにより異なります。

※下記の金額は宗派によって異なりますし、大きなお寺では高額になるところもあります。また逆に、最近は費用の透明化がすすんだおかげで以前と比較すると格安で受けるところも増えてきました。

※下記の戒名は一般的な例です。戒名も宗派によって異なります。日蓮宗では女性には妙の字、男性には日や法の字が使われます。また、浄土真宗では女性には釈尼、男性には釈の文字が使われ、戒名ではなく法名と呼びます。

お通夜〜葬儀(2日間)
戒名料+お経料の形で、お布施を包む場合の金額
最も多い戒名
「○○信士」「○○信女」の場合+お経料
25万円〜50万円くらい
次のランクの戒名
「○○居士」「○○大姉」の場合+お経料
40万円〜80万円くらい
次のランクの戒名
「□□院○○信士」「□□院○○信女」の場合+お経料
70万円〜くらい
(地域によっては50万円〜)
次のランクの戒名
「□□院○○居士」「□□院○○大姉」の場合+お経料
100万円〜くらい
(地域によっては60万円〜)
最上位ランクの戒名
「□□院殿○○大居士」 「□□院殿○○清大姉」の場合+お経料
上記以上の金額

自宅その他の会場で法要を行う場合「お車代」の金額はどのくらい?
  ・車やバイクなど、僧侶自身の運転でおこしいただいた場合、5,000円〜10,000円くらいをお車代として包みます。送迎タクシーを施主が手配し、タクシー会社へ実費を支払うこともあります。
御膳料の金額はどのくらいを包む?(御膳料の金額の相場は)
 

・通夜ぶるまいや精進おとしを僧侶が欠席された場合にお渡しします。
地方によって、また、自宅か葬祭場かホテルか、などの会場によっても異なりますが御膳料としては5,000円〜20,000円くらいです。

◆火葬の際だけ読経を依頼する場合のお布施
  火葬場での読経を単独で依頼する場合のお布施は?
  ・特別に、火葬の際の読経だけを単独で依頼できる寺もあります(但し、すべてのお寺で受けてくれるわけではありません)。お布施の金額は5万円程度からです。
僧侶に渡す 「お布施」「お礼」の金額、相場について
◆法事の際のお布施の準備
  法事の際の「お布施」の金額はどのくらいを包む?(法事のお布施の金額の相場は)
法要の際のお布施または御経料の金額相場は30,000円程度〜です。
一般的なお布施の金額の目安ですが、心配な場合には法要の予約をする際にお寺に料金を確認してください。
自宅その他の会場で法要を行う場合「お車代」の金額はどのくらい?
  ・車やバイクなど、僧侶自身の運転でおこしいただいた場合、5,000円〜10,000円くらいをお車代として包みます。送迎タクシーを施主が手配し、タクシー会社へ実費を支払うこともあります。
御膳料の金額はどのくらいを包む?(御膳料の金額の相場は)
  ・地方によって、また、法要の会場によっても異なりますが御膳料としては5,000円〜20,000円くらいです。
■5.お布施の袋の書き方
 それでは、お布施の袋の表書きの書き方などについてご説明いたします。
施主は以下のお布施などを準備します。
 1. お布施
 2. お車代(寺以外の場所で法要を行う場合)
 3. 御膳料(僧侶が会食を辞退された場合)
▲ページTOPへ 
お通夜・葬儀〜法事・法要の際に僧侶に渡す 「お布施」「お礼」について
項目 準備の内容とポイント
◆お布施の準備
  僧侶にお布施を渡す際の、袋の書き方は?
  ・通夜・葬儀や法事・法要の際、寺の住職(僧侶、和尚様、ご院家様)に読経をしていただいたら、お礼として現金を袋に入れて渡します。

袋は、熨斗袋ではなく、白い封筒を使います。この場合の封筒は、二重になっているものは使わないようにします。(「不幸ごとが重なる」といわれます。二重封筒は避けた方が良いでしょう。)
郵便番号の欄の無いものを選んでください。

・ 表書きは「御布施」「お布施」「御経料」などです。

・下段は、右の見本画像のように、「○○家」と施主の姓を書くか、または施主の氏名を書きます。

・薄墨ではなく黒い墨で(真っ黒の墨で)書きます。

・本来は半紙の中包みに入れて、奉書紙で包むのが最も正式な形です。のし袋は用いません。
御布施

御布施
◆お車代の準備
  自宅その他の会場でお通夜・葬儀、法事・法要を行う場合、交通費を入れる袋の書き方は?
  ・通夜・葬儀、法事・法要のために自宅やその他の会場まで僧侶におこし頂く場合には、交通 費を右のイラスト画像のような袋に入れてお渡しします。

・袋は、熨斗袋ではなく、白い封筒を使います。この場合の封筒は、二重になっているものは使わないようにします。郵便番号の欄の無いものを選んでください。

・ 表書きは「お車代」が一般的です。

・下段は、なし。

・薄墨ではなく黒い墨で(真っ黒の墨で)書きます。
お車代
◆お膳料の準備
  僧侶が、精進おとしや、法事の会食を辞退された場合には?
・四十九日の法要の際、会食の席を用意しているにも関わらず、僧侶が出席を辞退してお帰りになる場合には、右の画像のように「御膳料」を包みます。

・袋は、熨斗袋ではなく、白い封筒を使います。この場合の封筒は、二重になっているものは使わないようにします。郵便番号の欄の無いものを選んでください。

・ 表書きは「御膳料」が一般的です。

・下段は、なし。

・薄墨ではなく黒い墨で(真っ黒の墨で)書きます。

※会食そのものを実施しない場合には、折り詰めの料理、お酒の小壜などをお持ち帰り頂きます。
御布施


■6.お布施の渡し方
 ここでは、施主が僧侶にとお布施渡す時のマナー・作法を中心に、一言添える挨拶の文例をご紹介します
▲ページTOPへ 
僧侶に「お布施」を渡す時 お布施の渡し方
項目 お布施の渡し方の内容とポイント
◆お布施はお盆にのせて渡す
  僧侶に法要のお礼を渡す際の、渡し方は?
  ・通夜、葬儀の読経や、法要の読経が終わり、僧侶が帰られる際にはお礼としてお布施をお渡しします。
(必要があれば、お車代、御膳料も一緒にお渡しします)。
お布施は直接手渡すのではなく、小さなお盆に載せて用意します。お盆は、切手盆などが体裁が良いのですが無ければ小さなお盆に載せ、文字の正面 を僧侶の方に向けて差し出します。

[僧侶にお布施をお渡しするときの、一言挨拶の例]
◎「本日は、父の○○○に(例:四十九日に)際し、お心のこもったおつとめをして頂きましてありがとうございました。些少ではございますが、これはお礼でございます。どうぞお納め下さい。どうか今後とも宜しくお願い申し上げます。」

◎「本日は、父の○○○に(例:一周忌に)際し、お心のこもったお勤めをして頂きましてありがとうございました。またお忙しい中を最後までお付き合い頂きありがとうございました。些少ではございますが、これはお礼でございます。どうぞお納め下さい。どうか今後とも宜しくお願い申し上げます。」など。




HOME通夜葬儀TOP電報文例About us
(c) 2009-2014 best-manner.com All rights reserved.
無断転載を禁止します