祝儀袋

■ 祝儀袋の中袋とは
ご祝儀袋や熨斗袋には、中袋がついているものもあります。また、正式な包み方で祝儀袋を作る場合には中包みでお金を包んでから祝儀袋に入れます。ここでは中袋および中包みのお金の入れ方、金額の書き方を解説します。
………このページの内容………
▼1. ご祝儀袋と中袋・中包み
  祝儀袋と中袋とお金の向き
  お札の表と裏
  祝儀袋の糊(のり)と封
▼2. 中包みの包み方
  お金の入れ方、包み方、向き
▼3. 金額の書き方と裏面の書き方

1.御祝儀袋とは・ご祝儀袋マナー

結婚祝いや出産祝いなど、お祝いの気持ちを表わすお祝い金を包む袋をご祝儀袋と言います。
ご祝儀袋は、一般的には「お祝い用のし袋」「お祝いのし袋」などと呼ばれます。

祝儀袋と中袋とお札の向き
祝儀袋と中包み(または中袋)とお札は、表=おもての面 が揃うように入れます。
祝儀袋は、お祝い用の熨斗袋のことです。また正式な包み方として上包みもあります。
祝儀袋+中包みの場合 祝儀袋+中袋の場合 祝儀袋のみの場合
・上の見本画像では、のし袋の紅白の水引きが蝶結びになっています。これは一般的なお祝い事に使えるタイプです。結婚式に関わるお祝いのお金や品物を包む場合には水引きが結び切りのタイプののし袋やのし紙(熨斗紙)を使います。結び切りタイプの水引きの見本イラストはこちら>>>
お札の表と裏 (お札はどっちがおもて?)
←お札にも表と裏があります。
人物がある方がおもて。人物がない方が裏です。
祝儀袋に入れる時にお札の表と裏が必要になってくるので覚えておきましょう。
祝儀袋の糊と封 (祝儀袋は糊付けするの?)
上包み…上包みは糊付けは不要
中包み…中包みも糊付けなしでも失礼にはあたりません。しかし金額が多い時には糊付けすることもあります。糊付けするのなら、下記の拡大図図の◯の部分。封の〆の字を書きます。

下記は中包みを裏から見た図です。なお、 中包みの包み方の詳細はこのページの別項2.にて説明します。
のし袋・祝儀袋…のし袋・祝儀袋の開口部は糊付けする必要はありません。
 最近の祝儀袋には封のシールがついているものも市販されています。シールなら簡単にはがせるので、使っても良いでしょう。
中袋…中袋も開口部を糊付けしなくても失礼には当たりません。
・左のように、表書きに短冊がついているタイプの祝儀袋があります。表書きの文字がゴールドであったり、上包み紙が特殊な紙のために文字が書きにくかったり、水引きが豪華な場合などに良く用いられます。
こうした場合には短冊に姓または氏名を書き、短冊は必ず糊または両面 テープでとめます。

表書きに短冊が付いているタイプには、水引きが結び切りのタイプも、蝶結びのタイプもあります。

なお、左の見本の水引きは結び切りのタイプで、結婚に関わるお祝いの現金や品物を包む場合に使います。

スポンサードリンク

2.中包みの包み方

 ご祝儀袋の中包みの包み方についてご説明します。

中包みのお金の包み方(お金の入れ方、包み方、向き)
①半紙、奉書紙などは、裏側を上にして置きます。

まず最初にお金を置く位置を決めるためのガイドラインを作ります。
右の見本のように 下から上に折り目をつけます。
ガイドラインに沿ってお金を置きます。

お札が二枚以上の場合には、お札の向きを揃えます。結婚のお祝いの時にはお札は新札を用いるのが慣例となっています。
また最終的に表側(人物の顔のある側)がのし袋の表側に来るように包むのが正式とされています
②お札の 左を折ります。
③お札の右を折ります。 ④お札の部分を下から上に折ります。
これにより、下の⑤ではこれまで下を向いていた面が出たことになります。
⑤先端の部分を下に折ります。 ⑥左の⑤を裏返すと中包みが完成!
  人物のある側がおもてに出ることになります。

左上と左下が開いているのが正式な包み方。

紙のサイズなどの都合で万一折り方がずれた場合でも、右上が開いている形ならOK。
※但し左下が開いた形は弔事用なのでNG

スポンサードリンク

上包みの包み方
それでは上包みを作ります。

⑦中央に中包みを置きます。
この時、顔のある方が表です。
左側を折ります。

⑧右側を折ります。

⑨上を後ろに折ります。
⑩(上記⑨で上から下に後ろに折った後で)
裏返しにし、右図のように下から上に折ります。

最後に表に戻します。 これで上包みの完成。
⑪水引きをつけるとこんな感じです。

祝儀袋と中包み(または中袋でもOK)とお札は、表(=おもて)の面が揃うようになります。

3.金額の書き方(お祝いのし袋の中袋 金額の書き方)

ご祝儀袋の中袋(中包みとも言います)などに書く金額の書き方について解説します。

ご祝儀袋の中袋の金額の書き方(中袋のおもて側)

・市販のご祝儀袋の中には、中袋(中包み)がついているものもあります。

・ 正式には外の袋と同じ筆記具を使うのが正しいマナーです。中袋に金額や住所を書く欄があるものは、その中に記入します。
中袋に印刷されている枠(住所や金額の記入欄)が狭い場合に、黒ボールペンを使う方がいらっしゃいますが、できれば毛筆または筆ペンで書きます(年配の方の中には気にする方もいらっしゃいます。どうしても書きにくければサインペン、万年筆で)。

・下記は、中袋に書く漢数字の表記のしかたです。
 上に金という文字を書くのが通例ですが、「金参萬圓也」のようなはつけなくて良いとされています。

  ※弔事の場合は金額も裏面に書く地域もあります(地方によって異なります)。

祝儀袋の中袋の表側 / 金額を書く 弔事袋の中袋の表側 / 金額を書く
[結婚式の御祝儀袋]
金額の例 30,000円 
  ※濃い墨で書く
30,000円
三万円
参万円
参萬円
参萬圓
など。
[弔事の場合]
金額の例 10,000円
  ※薄墨で書く
10,000円
一万円
壱万円
壱萬円
壱萬圓
など。
・中袋に書く金額の書き方の例
(最近は結婚式の御祝儀袋に横書きの金額記入欄が印刷されているものもあり、アラビア数字で書くケースも増えているようです(0,1,2,3…を使い、30,000円、50,000円などと書く)。
1 2 3 4 5 6789 10 1000 10000
六七八九
中袋の裏面の書き方(中袋のうら側)
祝儀袋の中袋の裏側 / 氏名を書く 弔事袋の中袋の裏側 / 住所氏名を書く
裏側…裏面には住所氏名を書きます。
結婚式披露宴に招待されている時にはには氏名のみを書きます。
お祝い事の場合には、裏面も濃い墨で。
表側を縦書きで書いた場合には、裏面も縦書で書きます。
裏側…裏面には住所と氏名を書きます。
表面と同様、裏面も薄墨で。
表側を縦書きで書いた場合には、裏面も縦書で書きます。

住所を書くのはお礼状を書く時に配慮するものです。

※(地方によっては)金額も裏面に書く地域もあります。