祝儀袋書き方と言えば…
祝儀袋書き方/結婚
中袋書き方包み方
袱紗包み/お祝い
お祝いTOP
お祝いのマナー
祝儀袋のマナー
結婚式の祝儀相場
祝儀袋書き方/結婚式
祝儀袋書き方/お礼お祝
中袋書き方包み方
袱紗包み方/慶事
結婚祝いのお返し
長寿祝い
お宮参り
関連する知識
初穂料
季節のマナー
お中元・お歳暮
お中元のお礼状
お中元の送り状
のし袋・のし紙TOP
結婚式と披露宴TOP
結婚式招待状
披露宴の招待状
結婚式の招待状書き方
結婚式の招待状返信
結婚式の招待状手作り
結婚式の席次表手作り
↓ 姉妹ページ ↓
あいさつ・スピーチTOP
結婚式・披露宴挨拶
新郎 挨拶,謝辞
新婦 挨拶,謝辞
父親・親族 挨拶,謝辞
結婚披露宴スピーチ
友人・同僚 祝辞
主賓・来賓 祝辞
結婚式 乾杯の挨拶
その他の挨拶
イベントでの乾杯
歓迎会,送別会の乾杯挨拶
懇親会,同窓会の乾杯挨拶
新年会,忘年会の乾杯挨拶
祝儀袋

ご祝儀袋とは、結婚や出産、長寿や子供の成長のお祝いなどの際に祝福の気持ちを表わすお金を包む袋をさします。ここではご祝儀袋の表書きについて解説します。
ページは2つに分かれています。このページはお祝い・お礼・おつきあい全般 の書き方のページです。結婚関係は>>>

スポンサードリンク
…… このページの内容 ……

▼1. ご祝儀袋の用途と種類

▼2. ご祝儀袋の書き方と表書き
▼3. 御祝儀袋の下段の書き方(個人、夫婦、連名、ビジネスなど)
▼4. 中袋の包み方
■1.ご祝儀袋の用途と種類
結婚祝いや出産祝いなど、お祝い金を包む袋をご祝儀袋と言います。
ご祝儀袋は、「お祝い用のし袋」「お祝いのし袋」などと呼ばれることもあります。
御祝儀袋(お祝い用のし袋)は、大きく分けると以下の2つの種類に分かれます。
代表的なものは、赤白のヒモが結ばれているか、もしくは印刷されています。このヒモの部分を水引きと言います。
A.蝶結び B1.結び切り B2.あわじ結び
主な用途/結婚以外のお祝い・お礼全般 主な用途/ 結婚式関係
蝶結びは、簡単に水引きを結んだりほどいたりすることができるため、出産祝いや長寿祝いなど、人生に繰り返し何度もあると嬉しいお祝いごとに使います。 結び切りは、水引きを固く結んであり、解くのが難しいため、結婚祝いのように人生に一度きりにしたいお祝いに使います。
あわじ結びは結び切りの一種で、あわび結びとも言います。
(1)結び切りのご祝儀袋
結び切り]
いちど結んだらほどけない結び方なので、人生に一度きりで良いことに使います。
NO. 用途 解説
1 結納金・結納飾り 結婚に関するお祝いは一度だけで良いもの。むしろ何度もあっては困りますよね。
結婚式・婚儀に関するお祝い、お礼、お返しはすべて結び切りのご祝儀袋となります。
2 婚約祝い
3 結婚祝い・結婚式お祝い
4 結婚式の引出物
5 結婚祝いのお返し
6 結婚に関するお礼
7 御見舞 病気や怪我を繰り返さないようにという願いから結び切りを用います(弔事用は亡くなった場合に使うものなのでうっかり使わないよう注意して下さい。

御見舞の際に、どうしても赤白の水引きを使うのは違和感があるという場合には、白封筒を使うと良いでしょう。
8 快気祝い
※御祝儀袋の水引きについての詳しい解説は「祝儀袋のマナー」へ>>>
※結婚式関係・結び切りの祝儀袋を使う場合の書き方については別 ページ「祝儀袋の書き方」へ>>>
(2)蝶結びのご祝儀袋

[蝶結び]
なんども結んだりほどいたりできるの結び方なので、人生に何度もあって良いことに使います。

その他に、 一般的なお祝いやお礼にも用います。
NO. 用途 解説
1 子供の誕生のお祝い 出産祝い 子供の誕生のお祝いは何度でもお祝いしたいものです。
2 出産祝いのお返し
3 子供の成長のお祝い 子供のお祝い(お宮参り、七五三など) 子供の成長のお祝いは何度でもお祝いしたいものです。
4 入園祝い、入学祝い、卒業祝い
5 合格祝い、就職祝い
6 長寿のお祝い 長寿祝い(還暦祝、古稀祝、喜寿祝ほか)※長寿祝いへ>> 長寿のお祝いは何度でもお祝いしたいものです。
7 長寿の内祝い、長寿祝いのお返し
8 一般 的なお祝い 優勝祝、受賞祝、定年退職祝、当選祝、引越祝、栄転祝、昇進祝、新築祝 一般的なお祝いは繰り返しお祝いしたいものです。
9 お礼 婚礼以外の御礼全般 やお返しの内祝関係など。 おつき合いに欠かせないお礼やご挨拶は何度も使います。
10 ご挨拶 お中元、お歳暮、暑中見舞い、残暑見舞い、お年賀など
11 神社や神職へのお礼 祈祷(きとう)や祝詞(のりと)、婚礼以外のお祝に関するの神社や神職へのお礼全般 。御神饌料、初穂料、玉串料など。  
12 その他 お年玉、心づけ・チップ、お餞別 、おはなむけ、御車代。
神事や祈祷の際の御酒肴料、お祭りの時の御祝儀など
お祝いやお付き合い関係の用途です。
※御祝儀袋の水引きについての詳しい解説は「祝儀袋のマナー」へ>>>
スポンサードリンク
■2.ご祝儀袋の書き方と表書き
それでは早速、用途別の表書きと書き方を解説します
(1)書き方のマナー
 a. 毛筆で書く
ボールペンや、サインペンで表書きを書くのはNG。毛筆で書くのが正式なマナーです。
どうしても苦手な場合には、(略式になりますが)筆ペンでも良いでしょう。
 b. 濃い墨で書く
慶事(お祝い事)、お礼、御祝儀などは、濃い墨で書きます。
(※参考情報/弔事の場合には薄墨で書きます)
(2)目的別 ・用途別の表書きの書き方
[結び切りの御祝儀袋を使うグループ]
※結び切りの祝儀袋を使う場合の書き方については別 ページ「祝儀袋の書き方1」へ>>>
[蝶結びの御祝儀袋を使うグループ]
用途 上段 下段 見本
子供の誕生のお祝い
  出産祝い 御祝、祝御出産、御出産御祝、御安産御祝 贈り主の姓、またはフルネーム。友人と連名で出す場合は並べて書く
お祝いの見本 友人2人からのお祝いの見本
出産祝いのお返し 内祝 赤ちゃんの名前のみ
姓は不要。
難しい字の場合にはよみがなを。
[蝶結びの御祝儀袋を使うグループ]
用途 上段 下段 見本
子供の成長のお祝い
  お宮参り

御祝、祝初参宮、御初参宮御祝、祝初宮参り など

贈り主の姓、またはフルネーム、
夫婦連名もOK。
お祝いの見本
 
夫婦連名の見本
お食い初め

御祝、御初膳御祝 など

初節句 御祝、御初節句御祝、祝初節句、初節句御祝
七五三など

御祝、もしくは
三歳なら「賀御髪置」「御髪置御祝」
五歳なら「賀御袴着」「御袴着御祝」
七歳なら「賀御帯解」「御帯解御祝」
と言う書き方もあります。

十三参り 御祝
入園祝い、入学祝い、卒業祝い 御祝、もしくは

入園御祝、御入園祝、祝御入園、御入園御祝
入園おめでとう

入学御祝、御入学祝、祝御入園、御入学御祝
入学おめでとう

卒業御祝、御卒業祝、祝御卒業、御卒業御祝
など。
合格祝い、就職祝い

御祝、もしくは
合格祝、合格御祝、御合格御祝、祝合格
就職御祝、御愁傷祝、祝御就職、御就職御祝
など。

成人式、成人祝い 御祝、もしくは
祝成人、祝御成人、御成人御祝
など。
[蝶結びの御祝儀袋を使うグループ]
用途 上段 下段 見本
長寿のお祝い
  長寿祝い(還暦祝、古稀祝、喜寿祝ほか)

御祝、御長寿御祝、寿福もしくは
60歳なら「祝還暦」「御還暦御祝」
70歳なら「祝古稀」「御古稀御祝」
77歳なら「祝喜寿」「御喜寿御祝」
80歳なら「祝傘寿」「御傘寿御祝」
88歳なら「祝米寿」「御米寿御祝」
90歳なら「祝卒寿」「御卒寿御祝」
99歳なら「祝白寿」「御白寿御祝」
など

※参考ページ…長寿祝いへ>>>

贈り主の姓、またはフルネーム、
兄弟連名もOK。
人数が多い場合は子供一同、孫一同など。
お祝いの見本
長寿の内祝い、長寿祝いのお返し

内祝、寿など

長寿祝いを頂いた本人のフルネーム  
結婚記念日のお祝い
  結婚記念日のお祝い 御祝はいずれの場合もOK。
他には、たとえば
結婚25周年「祝銀婚式」「御銀婚式御祝」
結婚30周年「祝真珠婚式」「御真珠婚式御祝」
結婚50周年「祝金婚式」「御金婚式御祝」など
贈り主の姓、またはフルネーム、
兄弟連名もOK。
人数が多い場合は子供一同、孫一同など
お祝いの見本
結婚記念日のお祝いのお返し 内祝、寿など 結婚記念日のお祝いを頂いた夫婦の連名で  
[蝶結びの御祝儀袋を使うグループ]
用途 上段 下段
一般 的なお祝い
  優勝祝、受賞祝、定年退職祝、当選祝、栄転祝、昇進祝、新築祝 御祝はいずれの場合もOK。
他にもある書き方としては以下のとおり

優勝、受賞、当選、栄転、昇進、新築などの場合には、
○○に入れる「祝御○○」「御○○御祝」

定年退職の場合には、「御祝」のほかにも「御礼」や
「御退官記念」「祝定年御退職」など。
贈り主の姓、またはフルネーム、
兄弟連名もOK。
人数が多い場合は子供一同、孫一同など

ビジネスの場合の書き方は別項目3にて
お礼
  婚礼以外の御礼全般 やお返しの内祝関係など。

お祝いのお返しの場合には「内祝」が多い。

それ以外の純粋なお礼には「御礼」

贈り主の姓、またはフルネーム
ご挨拶
  お中元、お歳暮、暑中見舞い、残暑見舞い、お年賀など 御中元、お中元
暑中御見舞、暑中御伺
残暑御見舞、残暑御伺
御歳暮、お歳暮
御年賀、賀正
寒中御見舞、寒中御伺 など
贈り主の姓、またはフルネーム

ビジネスの場合の書き方は、別項目3にて。
[蝶結びの御祝儀袋を使うグループ]
用途 上段 下段 見本
神社や神職へのお礼
  祈祷(=きとう)や祝詞(=のりと)、
婚礼以外のお祝に関するの神社や神職へのお礼全般。御神饌料、初穂料、玉 串料など。
御神饌料、御初穂料、御玉 串料、
または御礼


※御祝儀袋以外に、白封筒でもOK
施主の姓、またはフルネーム

ビジネスの場合の書き方は、別項目3にて。
初穂料の見本
その他
  お年玉 お年玉、おとしだま、おめでとう 贈り主の姓またはフルネーム  
新築や購入するのではない単なる引越し 御餞別、おはなむけ
ゲストへのお車代 お車代、御車代
心づけ・チップ 御祝儀(場合によっては御礼)
神事や祈祷の際の御酒肴料、お祭りの時の御祝儀など 御酒肴料、御祝儀 贈り主の姓、またはフルネーム

ビジネスの場合の書き方は、別項目3にて。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
■3. 御祝儀袋の下段の書き方(個人、夫婦、連名、ビジネスなど)
ご祝儀袋の下段には差出人の名前を書きます。代表的な書き方を下記にご紹介します。
ご祝儀袋の差出人の書き方
姓またはフルネームを書くとき 夫婦連名のとき
←左右の中心にバランスよく書きます。
フルネームの場合も同様です
←左右の中心に夫の氏名をフルネームで書きます。
夫の名前の左側に妻の名前をやや控えめに書きます
ご祝儀袋の下の段の書き方
連名の場合(2名)
←同じ立場の2人、例えば友達2人でご祝儀を包む場合など
……対象になるようにバランスよく配置します。
←上司や年長者と一緒に御祝儀を包む場合
……中心に最も格上もしくは年長者の氏名を書きます。二番目の人はその左に書きます(左の見本では甲、乙の順)
連名の場合(3名)
←同じ立場の3人、例えば友達3人でご祝儀を包む場合など
……中心、左、右に、対象になるようにバランスよく配置します。
←上司や年長者と一緒に御祝儀を包む場合
……中心に最も格上もしくは年長者の氏名を書きます。二番目の人はその左に、三番目の人は最も左に書きます(左の見本では甲、乙、丙の順)
連名の場合(4名以上)
←グループ名があれば、グループ名が中央に来るように書きます。

相手先がお礼状を出せるように、メンバーの住所氏名を書いたリストを中に入れます(半紙や奉書紙に毛筆で書くのが正式だが、便箋にペン書きの略式でも可)。全員が同額であれ金額の内訳は書きません。
←グループ名がない場合には、代表者の氏名を中央に書き、その左に控えめにその他の人の人数を書き添えます。

受け手がお礼状を出せるように、メンバーの住所氏名を書いたリストを中に入れます(半紙や奉書紙に毛筆で書くのが正式だが、便箋にペン書きの略式でも可)。全員が同額であれ金額の内訳は書きません。

ご祝儀袋の下段の書き方(ビジネスの場合)

ビジネスの場合

←ビジネスの場合には氏名だけでなく会社名や肩書きも書きます。
会社名や肩書を書き添える場合には、氏名が中心に来るように書き、社名は右側に小さく書き添えます。

社名が
長くなる場合には、株式会社を(株)などと省略しても可。

←本来は毛筆で手書きをするのが正式マナーです。しかしビジネスの場合には、(略式ですが)慣例的に、名刺を貼ることもあります(営業関係の取引先のパーティーなど)
名刺を貼る時には左下に貼ります。
連名の場合(4名以上)
←連名で御祝儀を渡す場合、部署名やグループ名があればグループ名が中心に来るように書きます。 「○○部一同」「○○課一同」「○○部有志一同」など。

相手先がお礼状を出せるように、メンバーの住所氏名を書いたリストを中に入れます(半紙や奉書紙に毛筆で書くのが正式ですが、便箋にペン書きの略式でも可)。
メンバーリストは、必ず目上の人の氏名から順に書きます。
なお、 毎日会う間柄の場合には住所は省略されることもあります。
また、 全員が同額であれ金額の内訳は書きません。

※3名までの連名の場合には、個人の場合と同様に上司や目上の人があれば中心から左へと順番に書いていきます。対等な関係の3名の場合には、センター、右、左、というように左右対称になります。
■4.中袋の包み方
ご祝儀袋の中袋の包み方について説明します。
金額の書き方は別ページ「中袋の書き方」へ>>>

お札の表と裏 (お札はどっちがおもて?)

←お札にも表と裏があります。
人物がある方がおもて。人物がない方が裏です。
祝儀袋に入れる時にお札の表と裏が必要になってくるのでこの機会に覚えておきましょう。

祝儀袋と中袋とお札の向き

祝儀袋と中包み(または中袋)とお札は、表=おもての面 が揃うように入れます。
祝儀袋は、お祝い用の熨斗袋のことです。また正式な包み方として上包みもあります。
祝儀袋+中包みの場合 祝儀袋+中袋の場合 祝儀袋のみの場合
※上包みタイプの祝儀袋のうしろ側 ←水引きをはずし中包みを入れたら、まず上を折ってから下を折ります。
最後に水引きをかけます。

中包みのお金の包み方

(1)半紙、奉書紙などは、裏側を上にして置きます。
まず最初にお金を置く位置を決めるためのガイドラインを作ります。
右の見本のように下から上に折り目をつけます。
ガイドラインに沿って、お金を置きます
お札が二枚以上の場合には、お札の向きを揃えます。結婚のお祝いの時にはお札は新札を用いるのが慣例となっています。
また最終的に表側(人物の顔のある側)がのし袋の表側に来るように包むのが正式とされています
(2)お札の左を折ります。
(3)お札の右を折ります。
(4)お札の部分を下から上に折ります
これにより、、下の(5)ではこれまで下を向いていた面 が出たことになります。
(5)先端の部分を下に折ります。 (6) 左の(5)を裏返すと中包みが完成!
  人物のある側がおもてに出ることになります。

左上と左下が開いているのが正式な包み方。

紙のサイズなどの都合で万一折り方がずれた場合でも、右上が開いている形ならOK。
※但し左下が開いた形は弔事用なのでNG
(7)祝儀袋の中の様子 祝儀袋と中包み(または中袋でもOK)とお札は、表=おもての面 が揃うようになります。

※中包みを上包みで包む時の包み方はこちら「中包みの書き方」へ>>>


HOMEサイトマップAboutUs
(c) 2009-2014 best-manner.com All rights reserved.
無断転載を禁止します